☆白い魔法使い☆の星言葉紡ぎ

星を詠み言葉を紡ぐ<星言葉紡ぎ屋>新月・満月の星言葉紡ぎ。 店主 白い魔法使い 

2018.4.16 ☆牡羊座新月の星言葉紡ぎ☆

 

           ☆牡羊座新月の星言葉紡ぎ☆

 

   ãã©, ãªã¬ã³ã¸, è², ç¹æ»´, ãã­ããæ°´ã®, æºéã®ãã©, ãã¼ãº, æ°´

 

こんばんは。週明け 4.16は牡羊座新月ですね。

新月・満月の星言葉紡ぎはいつも前日には更新していますので、今回は新月の少し前の今現在の様子を少しお伝えさせて下さい。

 

これを書いているのは4月14日なのですが ここのところルーンではken(ケン)が毎日登場していました。ホロスコープをみると「あちらからもこちらからもギフトが届く」とか「やってみたら出来た!」というような嬉しい知らせもたくさん届く、という雰囲気だなあ、とわたしは考えていました。(週更新のお手紙にもこのあたりは詳しく書かせていただきました。こちらからお読みいただけます。→

note.mu

ken(ケン)は火・たいまつ・智恵など「先々を照らしてくれる」「導いてくれる何か」という意味があります。ですから勿論、今、手の中に舞い降りてくれたギフトや幸運がこの先とても役に立つものである、と言えるかと思います。

しかし何だか少し気にかかっていたことは

その火は「怒りの炎」にもなりえる、ということです。

誰かにとっては希望の灯だとしても 火は扱い方を間違えると手には負えない炎となることもあり得ます

ある人は「あかるい未来」を見ることができた

ある人は「わたしには見えない」となることもあるかと思います

これは「持てる者」「持たざる者」という新たな壁を作ってしまう可能性もある ということです

それは仕方がないことでしょうか?

私だけが持っている才能 に気付けたならば一歩踏み出すことも必要になるかもしれません

それは安易には口に出来ないような責任を伴う発言であったり

実際に行動に移して現状を改善してゆく智恵をシェアすることであったり

ひとつ勇気が必要となることです

こんなことを言って批判されるかもしれない

こんなことはまだ今の自分には早い

それも立派な決断だと思います

それでも もし あなたが誰かを助けることが出来るならば ギフトをシェアしてみても良い時間に差しかかっているような気がしてならないです

怒りの炎は私達一人一人が本来持っている「情熱や希望の光」「命の灯火」でもあるのです

皆が同じものを抱えている ただ今わたしは幸運なことにギフトを受け取ったのだ

という気持ちこそが謙虚ということだとわたしは思います

ギフトを握り締めていても そこからは何も生まれません

「どのようにしたら これはさらに良い形となり 役に立ち 満たされてゆくのか?」を考えるために舞い降りてきてくれただけです

それをあなたの手の中に未来永劫同じかたちで留めておくことはできないのではないか?とわたしは思います

どんどん形をかえて バトンを渡してゆくようなかんじで繋げてゆくもの

皆がただただ

「幸運であるべき存在」としてそこに在れるように ある瞬間偶然私たちはギフトを受け取るのだと思います

「やった!」と感じる溌剌とした想い

「よし、これをより善く循環させよう」という想い

留めておかないこと を覚悟して大切に扱うことで新月もまた違った趣が出てきそうな気がします

 

長くなりましたが 怒りの炎よりも暗闇を照らすたいまつの火 のような希望が新月に届けられますように

  

 

          f:id:white-wizard234:20180414170658p:plain   

 

 

 

この新月 新たな才能や喜びを感じられる ということ以外にも面白い展開がありそうです

 

高いところからも 低いところからも 物事を見通せるようになる ということです

高いから良い というわけではなく

高いところから見たら 全体像を把握できるメリットがあります

低いところから見たら 細かいところまで把握することができるメリットがあります

 

上空写真から観た 輝く夜景の美しさも

路地を一本入った昔ながらの町並みの面白さも

両方知っていて その都度選べる

というような視野の膨らみも得られそうです

多角的に360度パノラマにだってなれてしまうかもしれません(ちょっと言い過ぎたかなw)

 

街と町 で比較したのは思い浮かべたときの面白みがメインですが

このような比較もできれば 良い方向で社会現象として現れてくれると良いなあと個人的には思っています

比較して「どっちが良い悪い」ではなく それぞれの良さをその時々で味わってゆく

そんなフットワークの軽さや悪意ではなく愛情や好感として表してゆけたら このさき私たちはきっと

「どこにでも行ける自由」や「環境を整えることへの関心」にも目が向き始めるのではないか?と思います

 

この間の満月でも「視点が切り替わる」ということがテーマにありました

満月の頃 受け取ったものは

「手の中からの解放」というイメージでした

抜け出してゆく とか 解き放たれてゆく

この新月では

解き放たれた場所も地面の様子も両方大切に育んでゆこう

という 懐の広さを感じられると良いなあ とわたしは思います

そこから横に縦に伸び行く蔓のように 

豊かな雨を浴びて花を咲かせてゆくことが出来るように

 

 

この新月ではまず個人的に受け取ったものを喜ぶ それを使い始める

というスタートラインに立ちます

その先のゴールに辿りつくまでに

元々持っている(今は少し忘れられている)権利や自由を取り戻してゆく

という道のりを歩み始めます

少し先の未来を見据えながら

ギュッと握り締めすぎないように

ふんわりとおにぎりを握るように

大事にこの時間を味わいたい そう思います

 

皆様に心穏やかで豊かさに満ちた新月が訪れますように!

 

今回は週更新のお手紙の補足のような形になりましたが 心に引っかかっていた想いを書かせていただきました

平和を。

 

親愛なる全ての友へ

good luck☆

 

星言葉紡ぎ屋店主  白い魔法使い

 

 

 

          <鑑定のお知らせ>

   

goo.gl