☆白い魔法使い☆の星言葉紡ぎ

星を詠み言葉を紡ぐ<星言葉紡ぎ屋>新月・満月の星言葉紡ぎ。 店主 白い魔法使い 

2017.12.18  ☆射手座新月の星言葉紡ぎ☆

 

           ☆ 射手座新月の星言葉紡ぎ ☆

 

    f:id:white-wizard234:20171214111243p:plain

 

射手座新月の余韻が残る中12/20には土星山羊座へ入室します。

その後12/22太陽も山羊座へ入室し冬至を迎えます。

とにかく今はこの射手座新月についてのお話をしたいのですが、何かこう先のことが気になって仕方がない、という思いと、目の前のことをやらなくちゃ課題が山積みだわ!という日々を過ごしています。

 

この記事を書いているのは新月の4日前なのですが、既に「ソワソワ」とした気分が漂っているような気配です。

例えば今日の(12/14)の星言葉紡ぎのテーマは<変革、革命、自己との戦い>でした。

新月に向けて<強化する>とか<強固にする>というテーマが増えていったような気がします。

信念のような哲学のような。

あなたにだけ通じる言葉、あなたにだけ響く言葉、のようなイメージが膨らんでゆきました。

 

よくよく考えてみたら、この強化するという流れは前回の双子座満月からの流れでもあるのですね。

 

満月では外側に向けて強化してきたものを、今度は内側に向けて強化しはじめた、という印象が強かったです。

 

そして新月です。

 

強化し、結晶化された哲学、思想はどこへ向かうのでしょうか?

 

この新月のテーマは <生きたスタイルをアウトプットせよ>です。

 

心配することも、揺らぐことも、嘆くことも、とりあえず一度ここでリセットです。

今出来る最高の生き方を貫く、というふうにも言い換えられると思います。

今のあなたが最高である、という意味とともに

最高である状態を常にキープしてゆく、探求し続けてゆく、という意味があるのだと考えています。

何故ここまで熱く「今出来る最高」を求められているような雰囲気なのでしょうか?

 

それはきっと、生きているという感覚にビシビシと刺激を与える為なのではないか?

と私は考えました。

満月からの引き続きのテーマの一つでもある

「生きている感覚を大切に」「時間は生ものである」

ということも継続している流れではあるのですが。

 

この新月で求められるのは

<生の躍動感>

です。

 

迷ったり、戸惑ったりする、不安を呼び起こすような揺さぶられ方や体験の仕方ではなく、ただひたすらにゴールを目指して駆け抜ける時の躍動感を求められているような気がするのです。

 

土星が射手座に滞在していた二年半の総仕上げの新月です。

 

新月が明けて(余韻が残る中)2日後には土星は次のサイン山羊座へと移ります。

 

駆け抜けてゴールを切るような感覚、その時の躍動感や感動、今しか味わうことができない感覚、それをこの新月では大いに感じ受け取ることがあれば最高だと思います。

ですから

「夢が叶った」

「ゴールを切った」

「これこそ私だ」

というような誇りにつながるような出来事が起きることも十分考えられます。

 

長い時間、本当に本当によく走りました。

ラストスパートは少々キツかったですか?

「まだまだ私なんか・・」という言葉は無用です。

十分に頑張って一つのゴールを迎えたことがあるはずだと思います。

ゴールを切っていることにも気付かずに走り続けて行くのも良さそうな気はするのですがw・・・。

せっかくなので一度立ち止まってみましょうか?

 

走り続けていては分からないドキドキ感やヘトヘト感や満足感がこの新月には用意されているのですから。それこそが「生の躍動感」だと思うのです。

調整はその後でも十分できます。

「今しか感じることができない躍動感」

二年半前に始めたことの到達点。

そこでさらにドキドキ出来ているあなたがいる、ということが一番素晴らしいことだと私は思うのです。

 

 チェス, ブラック ホワイト, チェスの駒, キング, チェス盤, 黒, 白

 

 

この新月の太陽と月の位置の関係性は

チグハグなもの、まとまりのないもの、どうしたら良い形に収まるのか予想もつかなかったことをまとめあげる底力があるのではないか?と私は感じています。

どこに行っても馴染めなかった物事、上手く進めることが出来ずに諦めていたこと、今までは力不足だったこと、それらを一気に「やった!ゴールしてた!」というところまで引き上げてくれる、そんな力を秘めているような気がしてならないのです。

 

ですから

「私なんてまだまだ・・」という言葉は不要、なのです。

 

「まだまだ」という気持ちを引きずることで本当は善い意味でゴールに達しているはずなのに妙に粘ってしまって「諦め切れなかった・・」なんてネガティブな方向に走ってしまう可能性もあります。

 

ですから、ここで一度落ち着いて周りの景色をよく見渡してみましょう。

 

どこまで進みましたか?

当初思い描いていた夢に近づきましたか?

達成してきたこと、それにフォーカスしてみましょうね。

 

ふと立ち止まって最高の今に光りを当てることができたなら それは「勇気」や「誇り」になるでしょう

あなたがあなたを最高である と思えること自体が「勇気」でもありますし「誇り高い人間」とも言えるのではないでしょうか?

 

その勲章を胸に私たちは次なるフィールドへ向けて旗を掲げ移動してゆきます。

「私が私の先頭を切る」 という思いが湧いてきたら素晴らしい。

 

その心構えが未来のあなたをリードしてゆきます

 

  

        f:id:white-wizard234:20171214122439p:plain 

 躍動感 が教えてくれることはまだまだありそうです。

振り分けてゆく 洗練させてゆく 削り出してゆく 現実で使えるようにシェイプしてゆく作業を手伝ってくれる作用

 

ゴールを切って尚 「まだまだダメだ。」と下を向いている時間はありません

「何ひとつ形にならなかった」なんて言っている時間はありません

 

山羊座へ入室する土星

「まだまだじゃのう!」と言うこともあるかもしれません。

しかし こうも言います

「さあ その武器をどんな風に使うか?それはあなたが決めなさい。」

と。

 

楽しむこと 挑戦すること を射手座の太陽から私たちはひたすら学びました

この流れはきっと

苦悩を蓄積させてゆくだけではなく 世の中を洗練させてゆくアクションの源となってくれる と信じたいです

大人になる 成熟する 洗練させる 個人にとっても社会にとっても

そんな山羊座土星の時間も もう目の前です

 

この新月

チャレンジしてゆく時のドキドキ感もまだまだ残る中で

今一度 困難だと思えることの中に乗り越えてきたことに光をあてて思い返してみてください

思い返しているだけでドキドキしちゃうことがあるのなら それがやはりあなたが次に駆け出してゆくフィールドなのです

洗練させる必要があることなのかもしれません

次の2年半をかけて責任をもってやり抜くことの種は今冷たい地中で眠って力を蓄えています

その眠ってる種から「お~い!これが君の役目だよ~!」と伝えられているようなそんな新月です

 

過去と未来が交差する新月

あれもこれも大変かもしれない

あれもこれも何だこれは!かもしれない

それこそ楽しみの塊

そんなふうに思えたら最高。

         

    

    f:id:white-wizard234:20171215111321p:plain

   

2017年 最後のブログ更新となりました。

一年間お付き合いいただきまして本当にありがとうございました!

記事を書くことが私にとっては、デコボコな日常をスッと冷静に引き戻してくれる楽しみな時間となりました。

感謝しております。

冬の時間を楽しんでまいりましょう。

 

全ての親愛なる友へ。

幸いあれ。

 

星言葉紡ぎ屋店主   白い魔法使い

 

 

 

        <鑑定のご案内>

    

docs.google.com