☆白い魔法使い☆の星言葉紡ぎ

星を詠み言葉を紡ぐ<星言葉紡ぎ屋>新月・満月の星言葉紡ぎ。 店主 白い魔法使い 

2017/6/24☆新月の星言葉紡ぎ☆

 

         ☆蟹座新月の星言葉紡ぎ☆

 

   

      f:id:white-wizard234:20170621160641p:plain 

 

 

 

 

何者にもなれないと思ってた 何者にかにならなければならないって思ってた

そこからの脱出でありそこからの旅立ちでもある新月

急ぐことはないとゆったり構えて

もしも自己犠牲のために時間を費やしていると感じているのならば・・

あなたはそれがしたいの?したくないの?

そう考えてみてはどうだろう

したくないことは永遠のように永い

したいことならば流れはどんどん激しくなり深くなる

 

結果 どちらが楽ってことはないの

楽な道なんてあるのかな?

ないとしたら あなたならどうする?

気力が湧いてきたら 是非歩き始めてほしい

楽な道なんてないんだよ ただ進むべき道か否か それを選択し続けているだけ

そんな時はね 気力が出てくる

 

自分自身を守るために 大切な環境を守るために

 

だから人一倍 どれが本当に必要なことなのか?

を知っておく必要がある

そのために情熱の炎は燃える

太陽の季節が到来する

私の献身は私自身のため そして環境のため

これだったら続けられる

 

夏の季節が過ぎ去った後 

何者かにならなけらばならない必要性について もう一度考えてみて

きっと あなたは夏の扉を開けて進んでいたってことに その時気づくから

 

 

 

       モザイク, ガラス, ガラス モザイク, カラフル, 色, アート

        

 もしも今何か停滞してると感じるなら

もしかしてそれって現在位置を確かめるための停滞かもしれない

今の気分をじっくり味わってみて

辛い 心地よい 満足 不満足 痛い 

そのまま受け入れることはシンドイ作業だけれど 見つめて見つめてゆけば

もうこれ以上発展は望めない(善い意味で!)

夏至を過ぎ 今物事のピークに達しているんじゃないかな?と私は思います

だからこそ この新月に想いを馳せるということ

善くても悪くても

そしていつの間にか もしかして これって私の手から余ることだな

そう気づいたくつかのことは もしかしたら必要ないのかもしれない

 

大きく開け放した窓から幸運の鳥が迷い込んできてくれるわけではないけれど

わたしたちはこの先へやはり進んでゆく

停滞=悪いこと としてしまえば

守る=悪いこと って過剰に考えてしまうかもしれない

守るって一体何を守っているのでしょう?

一番ささやかなことから考えてみよう

足元を深く深く掘ってゆくと ささやかの意味に気づける

 

何者かにならねば って何者かになりたいから変遷した考え

何になりたかったの?とものすごくシンプルな答えを真夏の太陽は準備しています

これはいつでもいつの夏でも同じ

自分の意図することを思い返すための太陽

信じるならばそんな太陽を信じて歩きはじめたい

 

まだまだ定まらないのはあたりまえ

って最近わたしはよく思います

定まっていることの楽さも味わったけれども 結果体がガタガタと嫌がるような気分を味わいました

これは私の経験なので皆さんがどう感じられるかは個人で違うでしょう

 

抜け出してゆく前にどんな感覚があるのか?どうか一度足を止めて

そんな静止した時に何を想うのか?

意識はどんどん拡大してゆくような新月 

そして何一つ決められない 決まらないかもしれない新月

それでも足元を見つめて はじまりの一歩を確認して

 

あっ、そうそう

もしも威圧的な態度や理解できない怒りをぶつけられたら

何か楽しげな歌をうたってみたり

童謡や童話の世界に浸ってみたりするのも良いかも

自分を育んでくれたものに敬意を示し また譲り受けたものを未来へ善きかたちで残してゆけるはず

 

 

 全ての親愛なる友へ 幸運を祈る!

 

星言葉紡ぎ屋店主  白い魔法使い

 

 

         <セッションとお手紙お届けのご案内>

 

          f:id:white-wizard234:20170208234349j:plain

 

       docs.google.com