☆白い魔法使い☆の星言葉紡ぎ

星を詠み言葉を紡ぐ<星言葉紡ぎ屋>新月・満月の星言葉紡ぎ。 店主 白い魔法使い 

2017.4.26 ☆新月の星言葉紡ぎ☆

 

☆牡牛座新月の星言葉紡ぎ☆

変化した部分を受け入れる

急激な変化ではなく何となく分かっていたこと

目の前に迫ってきて今ならば靄が晴れている

変化は「かつて」というほど遠く昔のことへと君を向かわせる

一体いつ頃から君は今の君になったの?

今はそのなっていた君を「かつて」の君だと感じるかもしれない

変化した部分を受け入れた状態はそのようなかんじ

 

変化してゆく時

一人の力は小さいと感じる

一人の力は大きいと感じる

一人ではこうはならなかった

周りがあって環境があってこその変化

 

変化を柔軟に受け入れることで 環境と調和してゆく

変化を拒めば 君自身も拒まれる

世界はそんなふうにできているのかも知れない

光は君に跳ね返る

打ったそのものが君自身に響いてくる

弾いた一音が君自身の体へ

紡いだ糸はどこへ伸び行くの?

 

責任とはそのようなものかもしれない

善きものをイメージしよう

使い古された言葉だけれど 

君について考えることは誰かについて考えていると同じこと

イメージと思考は繋がってゆく

誰かが君について考えることは君が誰かについて考えていることと同じ

責任とはそういうこと

長い時間をかけることをもう面倒だとは思わない

責任をただ重いものだと考えていた そこからの脱出

 

一人では入れなかった豊かさへの門

欠けていた一つに気づく

重々しい言葉でも行動でもなく

ただ想いあうこと 操作しないこと

あるべき場所へあるべきものがおさまる その様子を愛をもって見ていよう

 

変化は私たちにどんな景色を見せてくれるのだろう

それにふさわしい態度で臨む

 

全ての親愛なる友へ 幸運を祈る

 

白い魔法使い

 

         

     

    f:id:white-wizard234:20170422114755j:plain

 

 変わらざるを得ない現実は忍び寄ってくる気配を感じている時が一番怖いのかもしれないなあ、と思います。

きっとそうなるんだろうなあ、と私たちが思いながら日々を過ごしている時

現実は勝手に動いて 進んでいる

勝手に知らないところで結果は展開していっている そんな気配

それを何となく感じながら 闇雲に進んでいる時 そして止まれない時

止まってくれたらいいのに 今のままだったら目の前に結果を突きつけられなくてすむのに

そんな風に留まってしまう時

怖さに身を任せるよりも進んでみよう

この先に何が待っているのか分からないけれども今とは違う景色が待っていることだけが確かなこと

確かなことを知りたくて 手元に置いておきたくて進む

けれどもどうやらそれにも限界があるらしい

未来へ進む 次へ一歩足を進めて

そう気づいても明るいほうへ進めない

これってもしかして・・ グレーゾーンを進めってことなのかも知れない、と最近よく私は思います

確かなこと確信を持って間違いのない選択を!

そんな声に疲れてしまったのかもしれない

そしてそのやり方だけだとどうしても先が見えてこない

不確かなことへ未来を見るというのは曖昧で抽象的と感じていたのに

グレーゾーンでも大丈夫と気づいたら とても自由になったような気がします

どこに向かうのかな?と楽しい気持ちさえここにはあります

確かさを追求すれば現実もそのように確かなものになってもらわなければ困ります

例えば人との関係でも 世界情勢にしても お金にしても 恋でも愛でも

確かさにこだわる時 小さな選択を繰り返すことを止めてしまっているような気がします

日々、大切な瞬間を繰り返しているということを認めない!これに決めちゃえば楽だし!そんな結果が確かさや間違いのない結果ばかりを追い求める姿勢へとつながってしまうのかもしれない、そんなことを思う新月

 

    

     

    f:id:white-wizard234:20170422114808j:plain

 

 満月の頃、乗り込んだ舟の舵を切りはじめよう、そしてその舟の船頭はあなた自身と書きました。

ある目標地点、着地点というのは新月の今すでにたどり着いているのでしょう

今は「えっ?ここが?」と不確かかもしれません

けれどその確定要素がない状態の今を楽しもう そんなことをこの新月で感じられたらいいなあと思います

ゼロの状態 誰が誰をどうしようこうしようと動き回ることが少なく影響も少ない今だからこそ見える景色があるような

今もいいな そう思えたら最高

完璧に良い状態って何だろう?高揚しているということもないし絶望しているということもない曖昧さグレーゾーンの醍醐味

ここから先はきっと人それぞれの独特なカラーが飛び回るそんな世界へと移行してゆく

真っ暗な空を様々な色の光が飛び交っているかのような

自由に私たちが飛び交って交流できるようになるために用意された新月

そんな気がしています

 

素敵な新月を☆

グッドラック

 

 

     <お知らせ>

 

docs.google.com