読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆白い魔法使い☆の星言葉紡ぎ

星を詠み言葉を紡ぐ<星言葉紡ぎ屋>新月・満月の星言葉紡ぎ。 店主 白い魔法使い 

2017.4.20 ☆穀雨のお手紙お届け☆ 12サイン別

 

穀雨

二十四節気の一つ。太陰太陽暦の3月中 (3月の後半) のことで,太陽の黄経が 30°に達した日 (太陽暦の4月 20日または 21日) に始り,立夏 (5月5日または6日) の前日までの約 15日間であるが,現行暦ではその第1日目をいう。春の季節の最後にあたる。その頃は季節的に種まきや育苗のために雨が必要な時期である。昔中国ではこれをさらに5日を一候とする三候 (萍始生,鳴鳩払其羽,戴勝降于桑) に区分した。それは,浮草が生え,はとがはばたき,かっこう (戴勝) が桑の木に現れることを意味している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

 

 

 

 

 

 

                 

    f:id:white-wizard234:20170418110531j:plain

 

穀雨の星言葉紡ぎ☆

 

育ちゆくものを阻害しない

あなたが手助けしなくても育ちゆくもの

どうにかしたい たとえ強引にでも?

育ちゆくものから手を放して

育ちゆくもの 善き方向へ向かっている芽を誤って摘んでしまわぬように

 

一人の力は小さい けれどもそれが集まったらどうなるだろう

小さい声を掻き消しているものは 心の中の大声かもしれない

心の中の大声を鎮めて 痛みの方向へ自ら足を運ばぬように

 

育ちゆくものは自分勝手

あなたがどうこうしようと どんな望みを抱こうと

好き勝手やりたい放題

 

じっと身を潜めて 静かに静かに

きっと聴こえてくる すごく遠くから運命が囁いている

「伸び伸びできて気分がいいよ。着地するころには今と景色が変わってる。

驚くかもしれないけれど、でも今よりきっと息がしやすい場所へ着地するよ。」

 

その間に準備しよう

足を着ける準備 よし、きた!とすぐに動き始められる準備を

その時にあなたの手と足はようやく本来の役目に向けて動き始める

 

手も足も出さないことは我慢が必要

そして言い知れない恐怖を私たちは口に出してみたり 行動で示したりしています

少しでも心が軽くなりたくて

吠えたり鳴いたりします

でも今は静かに静かに

 

皆が本来のごく自然な姿に戻ってゆく

そんな星の言葉が響いているような気がします

 

 

       f:id:white-wizard234:20170418110447j:plain

 

 

☆白い魔法使いからのお手紙お届け 12サイン別☆

 

牡羊座さんへ

突然の思いつきで進む道を変更することがあるかも。それは何だか、周りからしてみれば驚きの選択なのだけれど、本人は「これだ~!これを待ってたんだ~!ひゃっふぉ~!」ってなってるイメージ。良いのかな?これで良いのかな?そう想いながら進んできた道のりの途中、完璧に君好みの居場所を見つけるようなそんな瞬間。君が良いと思ったこと、それはきっと良い方向へ進む。

 

牡牛座さんへ

元気回復してゆこう。冷たい土の下、宇宙の先っぽに飛ばされたような気分よ、さようなら。ここから、またここから歩き出そう。リセットされた世界が一気に目の前に広がるようなことがあるかも。そんな時は大きく手を広げてその中へ入ってゆこう。飽きてることを続けることなんて、もうしなくても良いよ。君はちゃんと考えていたのだから。

 

双子座さんへ

面白い音が鳴る方へ、面白そうな気配がする方へ。ちょっと足元がぐらついて上手く歩けなくても少しづつでもそっちへ歩いてゆこう。ヴェールの外側の世界を君は内側からのぞいているよ。きっと素敵だろうな、きっと楽しいんだろうな、って。楽しい音がするほうへ、きっと誰かがその先で音を奏でてるから君は引寄せられる。誰かに会うために。

 

蟹座さんへ

忘れていたことを取り戻しにゆくような時間のはじまり。仕切りなおす、もう一度やり直す、そんな復習をするような期間。きっと大切に育んでゆきたいと思えるような宝物に出会える。だから時間をかけてゆっくりと進もう。一気に進まなくても、手の中から今まで大切にしてきたものがこぼれているような気がしても、君は進んでるから。

 

獅子座

すごく小さな穴からのぞいたら、そこに広がってる景色はとっても広かった、みたいなことが起こりそう。例えば、ご近所さんにものすごく尊敬できる人を見つける、とか、子供の頃からの友達にばったり会ったら同じ趣味のことを深く追求していて同士、と呼び合える仲になったりだとか。近場にキラキラ光る宝石のような楽しみや関係を見つける。日常が万華鏡のように輝く。

 

乙女座

支える側へ、サポートする側へ回ったことに気づく。今まで支えてくれていた人がいるのならば、その人はもしかしたら今少し弱っているかもしれない。手を引いて一緒に行こう。何か特別なことをしなくても、君の笑顔と今の元気な様子がその人をも笑顔にする。とても単純なこと。そんな簡単な仕組みを君は知ってゆく時間に入る。そして君自身も心軽やかに過ごす魔法を手に入れる。

 

 天秤座

創り出す面白み。あっちとこっちを繋ぐ橋。異色の者同士の交流。一生懸命動いてる間に取り戻す笑顔。心は静まり返ったままでいい、行動は大胆に。繋ぐことで息を吹き返す日常。早く日常に戻りたい?いえいえ、もう少し解けた糸を繋ぐ役目をよろしくお願いします。君じゃないとできないことがたくさんある、そう気づいたとき闇が晴れる。

 

蠍座

体を労わる。楽しみは山ほどあるよ。まだ見ていないものが世界にはたくさんあるよ。つまらなくなってしまったら、つまらない!と言って手も足も投げ出して寝転がって空を見て。ちょっと馬鹿みたいなことをしよう。君が君を笑わせるようなことを。助けはなかなか来てくれない、君が君を助ける。小さな世界から強い光の玉を作るような気持ちで。

 

射手座

もう一度はしゃいで。スパークする熱情。突然の閃きを無視しない。まだいける、あと少し、そんな気配を感じているならビクビクからゾクゾクへと変化させよう。変化のきっかけは、突然の思いつきから。最初は針のような刺激だから「ちょっと放っておいてよ」となるかも、でもそのうち「ちょっと刺激してよ」になってく。そしたら君はもう探し始めてる。ゾクゾクするほどの楽しみを。

 

山羊座

強靭な土台を作り続けている。揺るがぬ価値。それは一体何だろう。価値とは?深く深く考え抜く。途切れなく続いてゆく時代や命についてふれる機会もあるだろう。それは皆が知りたがっていること、そして不安に感じること。君はその先を見てる。暗闇の中に永遠に消えない何かを探している。先陣を切って飛び出してゆく。善き道に旗を持って立つ。

 

水瓶座

びっくり仰天した思い出、圧倒的な力で目を開かされた出来事。過去を振り返った時に「もうすでに決まってたんだ。」と納得するような。振り返って「やっぱりそうだったんだ。」と頷いてまた前を見る。もうすでにあの頃とは違うけれど、だけど大きな気持ちの良い道を進んでるということに気づく。きっとこのまま驚き続けよう、驚きと現実の間をしばらく旅行する。

 

魚座

強く惹かれるものの方へ。考えるよりも今できることを、できることだけに手を足を目を使って。それだけで十分進んでいる。重たい水の中を泳いでいるんだ。この水の重さになれた頃、君の思考が自由になってることに気づく。感情は重たいものなんだ、そう腑に落ちた時その中を誰よりも自由に動き回ることができる。強い君になってゆく。愛の時間。

 

 

 

 

docs.google.com