☆白い魔法使い☆の星言葉紡ぎ

星を詠み言葉を紡ぐ<星言葉紡ぎ屋>新月・満月の星言葉紡ぎ。 店主 白い魔法使い 

2017.1.28 ☆新月の星言葉紡ぎ☆ 蠍座

☆蠍座

<さらに深いところへ デッドエンドの壁をよじ登る さらに深く高く>

 

あなたのことを最も理解し 最も信用し 最も強く抱きしめてくれる人それは誰?

きっとそれはあなた自身なのだと思う

誰かと分かち合うことなどできない部分

そこんところを知り尽くしているし感じている今

あなたはあなたの手をギュッと握りしめる

不安だからというよりも 力を蓄えて更に進むために

ひとりで深いところへ降りてゆくことには慣れている

周りが気になるのならば

一瞬瞳を閉じた瞬間にスッと一人の世界に入り込む余地を作る

周りの状況を整えてゆくのにこのやり方は使える

スッと意識を切り替える

ここにあるものはここにあるべくして揃っている

周囲は満ち足りている

何かが欠けているとしたら

それはあなた自身の熱量

手をギュッと握る相手のはず もう一人のあなた

瞳を閉じて さらに深く追求して あなたを探して

満たされていること それが安心 それを欲していた

それはもう揃っているよ

デッドエンドの壁は高い?

よじ登るには力が必要だ

大丈夫わたしは越えられる

そんな信用の力

満たされた周りの状況を見てみよう

あなたはきっとその状況を一人で作り上げてきた そう笑顔になれるでしょう?

だとすれば 向き合うべきは一つ

あなたがあなた自身を満たすもの

満たされて 自らを愛する道へ

 

<親愛なる蠍座のあなたへ>

 

満たされていることは知っている

それはパーフェクトな愛情 求めてきた場

そのために力を使い果たし しばし同じ状態を保つことに疲れてしまっている

閉ざされているもの 閉じたままにしている部分

不穏な空気はそこから流れ込んできている

このままこの状態は保たれるのか?いつか壊れるのではないか?

満たされたことによって不安になりそう

ならば風穴を 感情の循環を促そう

感情をリセットできる場を作り上げる

あなたが真のあなたと向き合える場所

一対一の場を設けて対峙する

デッドエンドの壁を見事に駆け上る瞬間

あなたと もう片方おあなたは手を取り合うことができるはず

深い愛情の海へと

 

幸運を祈る☆