読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆白い魔法使い☆の星言葉紡ぎ

星を詠み言葉を紡ぐ<星言葉紡ぎ屋>新月・満月の星言葉紡ぎ。 店主 白い魔法使い 

2017.1.28 ☆新月の星言葉紡ぎ☆ 水瓶座

最新記事 新月の星言葉紡ぎ

水瓶座

 

< 中心にいる私を取り戻す 周りの景色より頭ひとつぶん突き抜ける

景色にはすっかり溶け込んでいるのだから もう心配せずに あなたの軸に戻る>

 

ぎこちない動きは無理をすればするほどぎこちなく見える

無理やりの笑顔は長続きするものじゃない

我慢も長続きするものじゃない

したくないこと しなければならないこと

そのバランスを取ること それだけを続けているとガタがきてしまう

一年に一度 誕生日の頃に太陽は戻ってくる

圧倒的な力で 隅々まで照らし出す太陽

隠すことができなくなることが山積み

一度もとにもどる

一度原点に立ち返る

何もなかった頃

今の私を築き上げてきた一番の核となる出来事

その最初の一歩に愛の目を

転換期となったこと

今のあなたを支えている大切な思い

人に言うわけでもなく 淡々と繰り返してきたこと

その最初の一歩に愛の目を

太陽は全てを照らし出して 無になってしまうのではないか?

というほど力強い

自分と向き合う という言葉をよく耳にするけれど

自分が裸で放り投げられたらどうだろう?

なかなか色々と気になって向き合ってなんかいられないんじゃないだろうか?

あっちからの情報 こっちからの視線

この新月 その周りの目や内面の視線がスッと消えてなくなるような瞬間がありそう

立ち帰る場所は 今を支えてくれている励みや希望や喜び

いつもならば うっすらとしか感じられないような感情

続けてゆくために

これからも一歩一歩大地に足跡を残してゆくために

活力の源へと愛をしめそう

この時期はそのことだけに集中できる

これはまたとない面白い時間

 

<親愛なる水瓶座のあなたへ>

 

満たされることを恐れないで

ここにいていい ここが私の場所 

用心深さは少しの間置いておこう

ありのままで突っ走った時のことを恥ずかしい昔話に変えないで

立ち帰ることで 恩恵や恵み才能にもう一度光を当ててゆくような

あなたの足は大地にくっついている

あなたの軌跡や轍はしっかりと刻まれ続けている

だから心配せずに 羽をのばして

自らを認めること

ここにいることをもっと認めていい

足の裏の根は伸びやかに広がるだろう

天上の星はあなたに瞬き続け語りはじめるだろう

これから先へと伝えることを感じるために今この時間にいる と

時が移ろっても 変らない風景の中にあなたがいる

周りの景色がシーンと止まったら

はじまりの時 希望という星の言葉を信じて

 

幸運を祈る☆