読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆白い魔法使い☆の星言葉紡ぎ

星を詠み言葉を紡ぐ<星言葉紡ぎ屋>新月・満月の星言葉紡ぎ。 店主 白い魔法使い 

2017.1.12 ☆満月のルーン言葉紡ぎ☆

ルーン言葉紡ぎ 牡牛座

☆牡牛座

<忘れ去られたものは あなたにとって当たり前のこと 

驚きとともに受け入れられる あなたの知恵>

ちょっと妙だな、と感じること

なんでそうなるの?と感じること

あなたにとっては当たり前のこととのズレ

ズレを整理整頓してゆくような満月

ちょっと違うんじゃない?そう皆が思いふさぎ込んでいる時

このようなところがこう違うんじゃない?と的確に指摘できるような

思い悩んで埋没していく感覚に手を差し伸べられるような

それはたぶん 誰かのために犠牲になることへの反発だったり

違いを認めようとしない頑なさへの反発であったり

相互理解のためには

他者を認めてみるというプロセスは必要だよ と言葉以外の方法で示す

言葉は時として感情の渦や高い壁に覆われた城には侵入できないことがある

コミュニケーションの方法は難しい

皆が「難しいな」と感じるところ

それを打破するようなアイデアが降ってくる

形にして パッと世の中に披露した時

予想外の嬉しい反応が待っている

皆が望んでいるコミュニケーション それは何だろう?

殺伐とした風景のなかで あなたを潤したもの それがキーワード

期待とは無縁に思える行動は凛として美しい

そのような強さ タフさ 揺るがなさ

それを今皆が望んでいる

手のひらに美しい花を取り出してみせるマジシャンのように

真っ暗な夜空のキャンパスにゴールドの絵の具で満月を描くように

世界を癒し

あなたも癒される

☆ルーンの言葉

こんな考えは古いのか?

新しい 古い だけで選別されてしまうにはもったいないこと

古いかもしれないけれど これが私

古いかもしれないけれど 理にかなっていること

迷わず投げかけてみよう

たくさん 投げかけて

なるほど となるまでには時間がかかるかもしれない

けれども それを投げかけることによって得るもの

あなた自身のブレのなさに繋がる

あっちへふらふら こっちへふらふら

そんなことに振り回されるのはもう御免だ

わたしはこの足でこの場所に立つと宣言しているような

共感を得て 大地に立つ太い光の束

幸運を祈る☆