読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆白い魔法使い☆の星言葉紡ぎ

星を詠み言葉を紡ぐ<星言葉紡ぎ屋>新月・満月の星言葉紡ぎ。 店主 白い魔法使い 

2016.12.14 ☆満月のルーン言葉紡ぎ☆ 射手座

 
満月からいただいた言葉。
 
<宝物箱に色々投げ入れてみる 未来の、ある朝のために わたしは諦めない>
 
スリールーンにて。
 
ルーンの言葉とともに。
 
 
射手座
 
習慣化していること、決まりごと、そこに風穴を開ける。
 
よくわからないと思ってる
 
知らない世界だと思ってる
 
そんな見ず知らずの世界が突然あなたに声をかける
 
「ハロー、何やってんの?」
 
あなたはちょっと固まる
 
「何やってんの?って随分軽いわね、あなた」と。
 
一生懸命さが伝わらなくてもいい
 
こだわりの何かを強引に押し付けたくはない
 
そんなちょっとしたプライド
 
その軽い奴は見事に突破してきます
 
「それさ、すごく大事なものみたいだから、もうちょっと大事にしたら?」
 
「君が思ってるよりもそれって、大事を超えて、重要なことなんじゃないの?」
 
軽い奴はズケズケと話をしてきます。
 
 
この軽い奴、っていうのは例えなのですが・・・
 
情報や見聞きしたこと、すぐに流れて行ってしまうようなこと
 
それが、その軽い奴の正体
 
それから
 
あなたの中のもう一人の自分
 
こうでなければならない、っていう意見に対して
 
えっ?それ本気で言ってるの?
 
と、突っ込みを入れてくる、もう一人の自分
 
自分の中の薄々感じていた声
 
 
よく耳を済ませて
 
 
ああ、こんなに楽しい世界知らなかった
 
もっと自由に踊りまわっていいんだ
 
そう思えるような満月
 
 
 
グッドラック☆