読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆白い魔法使い☆の星言葉紡ぎ

星を詠み言葉を紡ぐ<星言葉紡ぎ屋>新月・満月の星言葉紡ぎ。 店主 白い魔法使い 

2016.11.29 ☆新月のルーン言葉紡ぎ☆ 乙女座

ルーン言葉紡ぎ 乙女座
新月よりいただいた言葉。
 
<裏方まで楽しむ心意気と驚きとともに訪れる真実>
 
スリールーンにて。
 
ルーンの言葉とともに。
 
 
乙女座
 
 
我に返って何かを還してゆくような時。
 
気づけば、やはり随分変遷してきたこと。
 
ようやく、自分が前とは随分違ってきたことに気づいて「あっ。」と空を仰ぐような。
 
少し気が抜けてて、でも、張り詰めていて。
 
このかんじ、あなたのホームの感覚なのかもしれない。
 
いつも頑固潔癖で頑張ってきた。
 
頑張っていても、薄いヴェールのように剥がされていった頑張り。
 
それで良かった、のかな?って首をかしげてるような。
 
すべてが分かりきってしまったら、面白くない。
 
わたしの全部を知った気にはならないで、というところが、あなたのキュートさ。
 
分かりきったらツマラナイ、のならば、ようやく気が抜けた今もっともっと浮かんでいよう。
 
早く早くと急かされなくてもいい。
 
不安とともにあるというのは、そんなに長く続けられない。
 
もしも、その不安が不必要なものならば勝手に剥がれ落ちてゆくもの。
 
だから、もう剥がれて落ちたヴェールを拾い集めなくてもいい。
 
拾い集めて、元に戻そうとしてもそれは脆くてもう元の形には戻らない。
 
それを知ることは残酷だし、辛いことなのかもしれない。
 
だけれど、世界の優しい部分というのは強烈さとともにある。
 
優しさだけを欲しているわけではないあなたと同じく。
 
全部知った顔をしないで、そう言える強みはあなた固有のもの。
 
その魔法の言葉は、下を見なくなった瞬間にうまく使える。
 
取り戻しつつあることを覚えていて下さい。
 
そのままでイケテル。
 
先はまだ長い。
 
きらきらひかる、という言葉がとてもよく似合う新月
 
あなたも、きらきらひかってる。
 
体の真ん中を大きく広げて。
 
冷たい新鮮な空気に洗われて。
 
バレリーナが舞台に最初の一歩を踏み出すように。
 
静かに集中して。
 
グッドラック☆