読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆白い魔法使い☆の星言葉紡ぎ

星を詠み言葉を紡ぐ<星言葉紡ぎ屋>新月・満月の星言葉紡ぎ。 店主 白い魔法使い 

2016.11.29 ☆新月のルーン言葉紡ぎ☆ 射手座

ルーン言葉紡ぎ 射手座
 
新月からいただいた言葉
 
<裏方まで楽しむ心意気と驚きとともに訪れる真実>
 
スリールーンにて。
 
ルーンの言葉とともに。
 
射手座
 
 
喉に引っかかったままなのに、いつの日からか気にならなくなってた小骨
 
気にしなくてはいけないことも忘れてるくらい、遠くて鈍い痛み
 
気にならなくなったことが気になってた
 
でも何だったのか?
 
何を忘れてたのか?
 
何が引っかかっていて、いつどこで忘れ始めたのか?
 
ものすごく詳しく思い出すような新月
 
きっかけは「こんなんじゃない!」という想いから
 
これじゃない!とか
 
きっぱりと体も心も拒否反応を示すようなことが発端となる
 
どうしてこのタイミングで?
 
と一瞬たじろぐかも知れない
 
何と言っても、今エンジン全開のレーサーが思い出に浸っている場合ではないから
 
 
しかし賢明なレーサーはこう考えます
 
「待てよ、このレースにゴールなんてあるんだっけ?」
 
「なんでエンジン全開になってるのに、今そんなこと考え始めてるんだー。」
 
みたいな葛藤。
 
その葛藤摩擦で、引っかかりがはずれます
 
リミッターを振り切れたならば、どこまでも果てしなく飛べる、駆けられるのです
 
新月、派手にどんどん引っかかりを落としてください
 
あなたがあなたを取り戻す、星たちのエールとともに
 
当たり前になっている状況に
 
コツンと何かが当たる
 
小石みたいな
 
痛くない
 
小石だもの
 
小さい傷だもの
 
元にもどれば大したことない
 
心が「ちがう、ちがう」と言うので
 
そっと傷口を見てみる
 
結構痛いぞ
 
そう気づいたら
 
物語のはじまり
 
再生してゆく
 
思わぬところから派生する再生の物語
 
本心と真実と向き合って
 
星を見上げて
 
泣きそうになってると
 
気づく
 
「あれ、何だか前とは全然違う。」
 
グッドラック☆