読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆白い魔法使い☆の星言葉紡ぎ

星を詠み言葉を紡ぐ<星言葉紡ぎ屋>新月・満月の星言葉紡ぎ。 店主 白い魔法使い 

2016.11・29 ☆新月のルーン言葉紡ぎ☆ 魚座

ルーン言葉紡ぎ 魚座
 
 
新月よりいただいた言葉。
 
<裏方まで楽しむ心意気と驚きとともに訪れる真実>
 
スリールーンにて。
 
ルーンの言葉とともに。
 
 
一度枯れた花をもう一度咲かせるにはどうしたらよいでしょうか?
 
必要なのは、根気、かも知れません。
 
見捨てない勇気、持続できる力の分配、持ちこたえる美しさ。
 
いつもならばもう疲れたし、見込みもなさそうだから止めよう、止めちゃえば簡単じゃん、と振り切ってきた
 
こと、それを持ちこたえる。
 
ふんばりが必要です。
 
一度踏ん張ってしまえば、踏ん張ってるつもりがアクセル全開になってた、みたいなことが起きるかも知れ
 
ません。
 
止めることで心が痛むのならば、そのまま持ち越してゆく。
 
だけれども、裏方でがんばる。
 
表舞台に出てしまう日は近いです。
 
表面化する、という言い方もできます。
 
その表面化することとガッツリ向き合い、共に進めるように、今は裏方から攻める(やる気はあるのですから。)
 
思うように進まないこと、舵を切れないこと。
 
そのような時はそれに従う、その星の元であなたを磨く。
 
黒子に徹する、と思えばクールじゃないですか?
 
あなたはその隙に、きっと自信を得ます。
 
女性っぽいイメージの魚座
 
そこに歌舞いている男性の魅力が加わるような。
 
ちょっと楽しそうじゃありませんか?
 
本当は憧れてたもう一人の自分が案外その裏側の仕事をしてると出てくるかもしれない。
 
人から見たら意外、でも、あなたはとっくに知ってたもう一人のアイツに会いに行ってください。
 
 
 
こつこつと経験を踏んでいる
 
足場を固めている
 
向かう先は予感の中にある
 
野暮ったいままだった経験を磨きこんで
 
研ぎ澄ますことで古ぼけたカーテンを切り込んでゆく
 
あっち側はどうなってるんだろう?
 
ちらりと見たあっち側には憧れてた誰かに似たあなたの姿
 
最初はおずおずと歩みより
 
やがて一体化する新しいあなた
 
愛情は他に投げるばかりでは枯れてしまう
 
愛情は貰ってもいい
 
愛情は自分に賭けるために使ってもいい
 
 
グッドラック☆