読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆白い魔法使い☆の星言葉紡ぎ

星を詠み言葉を紡ぐ<星言葉紡ぎ屋>新月・満月の星言葉紡ぎ。 店主 白い魔法使い 

2016・11・14 ☆満月のルーン言葉紡ぎ☆ 天秤座

ルーンの言葉紡ぎ 天秤座
 
満月よりいただいた言葉。
 
<成すべきことを成す 今出来る精一杯なところで勝負する 賭ける楽しみを承諾する>
 
ルーンの言葉とともに。
 
☆ 天秤座
 
伸びてゆく方向の変化。
 
伸ばしてゆきたい物事の方向転換。
 
良い風が吹きあなたを導く。
 
堅苦しさよりも楽しみを追いかけて、その姿勢が共感をよぶ。
 
楽しみたい、けれども幕がかかって上手く見えない、そのポイントに最近すこしだけぼんやりと点って見え
 
ていた部屋。
 
その幕を上げて、部屋に入って「ここだったのか。」と納得するような。
 
今までは薄暗かった部屋に今日は明るい月の光が差し込んでいる。
 
あなたが持つ才能が誇らしく咲き誇る、暖かな季節を想像できるような部屋。
 
寒々しい部屋を出て、暖かな部屋に移動しよう。
 
多くの人が待ってる。
 
席についてあなたが来るのを待っていた。
 
少し先の心配をしばらくは横に置いておこう。
 
リラックスして微笑む場所を手に入れる。
 
やっとここまで来た、それでいい。
 
難しく考えて、細部を見てきた、目を休めて、手を動かして、暖かい部屋で作業に取り掛かる。
 
寒々しいところでの教訓が今生かされる。
 
危ないところを教えてあげる、そっちじゃないよ、と休憩させてあげる。
 
そのためにこの部屋に入ってきた。
 
楽しみと厳しさの同居、それがあなたには心地よい。
 
<スリー・ルーンにて>
 
痛い想いを通り過ぎた後の傷。
 
ゲートは開いていたが、無意識に選んできた棘の道。
 
移動、変化。
 
すばやく移動することが求められる。
 
待ち人。
 
さて、何をしようか?
 
☆通らなければならなかった痛みの道からの開放。
 
しばらく満月の光がその門を照らし出す。
 
あたたかい光のあるほうへ進もう。
 
何をしようか?そう思えるほうへ。
 
 
グッドラック☆