☆白い魔法使い☆の星言葉紡ぎ

星を詠み言葉を紡ぐ<星言葉紡ぎ屋>新月・満月の星言葉紡ぎ。 店主 白い魔法使い 

2016・10・16 ☆満月のルーン言葉紡ぎ☆ 射手座

 
満月よりいただいた言葉。
 
<記憶すら塗り替える集中力をもって遊び尽くすこと>
 
ルーンの言葉とともに。
 
☆ 射手座
 
土の下で眠っていたい、そんな歌詞が頭に浮かぶような星の配置。
 
さまざまなことが、さまざまな場所で、さまざまに絡み合い、溶け合い、今わたしはここにいる。
 
そう言いたい、そう伝えて倒れこむようにこの満月に滑り込んだ方いらっしゃいますか?
 
敏感である、ということは、そもそもの自分の姿が顕れる時でもあるのではないかな?と私は思います。
 
この満月、どんどん深く掘り下げる、どんどん潜っていったら飛んでた、みたいな瞬間が示唆されていま
 
す。
 
それこそが豊かさ、歴史的に脈々と続く豊かさの象徴。
 
どんどん流れて、どんどん去って、消費して、また育む、流れが止まることはない。
 
それを敏感に感じているが故に、疲れきることも、また、歓びを得ることも。
 
逃げることが出来ないのが現実だとしたら、あなたの地図には乗りこなしてゆく術としての乗り物が記さ
 
れたのではないでしょうか?
 
体と心で乗るその、テレパシー移動装置のような乗り物。
 
あなたはもう乗り込んでいるのだと思います。
 
最初は操縦が難しい。
 
今はちょっとだけ扱いなれないその言うことをきかない乗り物に苦戦しているのかも。
 
まずは力を抜いて。
 
最初に、土の下で眠りたい・・・と書きましたが
 
ゆっくりと普段の生活を営むこと、その隙間でブラックホール級の暗闇で休め、とルーンは言っています。
 
暗闇の中で体を浮かべるような瞬間に安心できる。
 
それでもいい、と認める。
 
満月を過ぎると、たゆたう居心地の良さも身についてくるのではないかしら?
 
前に前に進んできた、前をみて笑顔で面白く。
 
ブラックホールの中で何を見つけるのでしょうか?
 
心地よく浮かべた頃、もう一つの窓が開きます。
 
その窓の外には<昔描いてた 私の希望>が立っています。
 
そのもう一人のあなたと出会えますように。
 
グッドラック☆