読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆白い魔法使い☆の星言葉紡ぎ

星を詠み言葉を紡ぐ<星言葉紡ぎ屋>新月・満月の星言葉紡ぎ。 店主 白い魔法使い 

2016・10・1 ☆新月のルーン言葉紡ぎ☆ 双子座

ルーン言葉紡ぎ 双子座
本日の新月よりいただいた言葉
 
< 心のあかりに感謝しながら 実りの季節に私は満足する あかりは肉体をもった人々の顔を照らし出し くっきりと描かれた地図を照らし出している>
 
 
ルーンの言葉とともに
 
☆ 双子座
 
 
ものごとを仲介してゆく役割
 
シャドーとして観察を続ける 静かな時間の到来 満喫して冬を楽しみにする
 
とても深く静かな深海のような場所に心は沈んでゆきます
 
秋の深まりとともに 夏に作った傷が癒えてゆくような感覚
 
傷はあなたが精一杯やり切った証拠です
 
今でもなお少し痛みはあるかもしれない
 
しかし、それよりも満足感で満たされている、かな?
 
夏の間「どうしてもしなくてはならない使命を全うしていた」のだと私は思います
 
それがどんなにも些細な事柄でも
 
あなたにとっての使命というものはいつも外から求められるような形で起こることが多いのではないでしょう
 
 
言われたことを言われた通りに
 
全力で走ってきた、ということにこの新月気づくかもしれません
 
今までどれほど夢中だったか
 
今までこの身をもって献身してきたか
 
ここからがあなたのすごいところですが・・
 
「いや、まだまだいくぞ」
 
「ここまでの道のりは知っていた」
 
ヒョイっと身軽に飛び越えてゆく姿が素敵なのです
 
 
ファンタジーとしての頑張りは、この新月を境に色が薄くなります
 
実感のある喜び
 
体ごと投じてきた夏を振り返れば
 
「それって私やってきたことじゃん」そう思われるかも知れません
 
今は、ジ~ン、ジ~ンと染みてくる秋の風を感じてみてください
 
 
新たな地図に体ごと入ってゆく準備を
 
あなたにとってこれからの道のりは、何となく以前通ったことのある道すじに感じられるかも
 
この道はいつか来た道
 
過去からの贈り物があなたを導きます
 
夏の疲れの中に見る未来の地図
 
ルーンは言っています
 
楽しい秋のおとずれ
 
あなたの道のりに祝福の赤い花を撒いておきました
 
それを目印に進んでみてください
 
グッドラック☆