☆白い魔法使い☆の星言葉紡ぎ

星を詠み言葉を紡ぐ<星言葉紡ぎ屋>新月・満月の星言葉紡ぎ。 店主 白い魔法使い 

2017.8.8 ☆満月の星言葉紡ぎ12サイン別☆

 

        ☆水瓶座満月のみんなへ☆

           

 

         f:id:white-wizard234:20170805153406j:plain

 

 

牡羊座さんへ

 

突風が君を運んで新たな場所へ向かう

あまりにも急な出来事なので唖然としてしまうけれども

耐えていた最後の欠片まで吹っ飛ばされて何だかスッキリ

今が一番良い って信じようとしてたことに風穴が空くような気配

それってホント?それって真実の言葉?

君も薄々気づいていたことが明るみに出る

でもめげてる暇はない すぐに別の場所に運ばれる

また新たな楽しみを見つけるのだろう

ずっと楽しみを追いかけ続けてきた上半期

それは君の意思で動いてきたことだった

下半期 風向きが変わる

それは意図しない場所へ運ばれるという新たな展開

その序章としての突風

 

 

☆牡牛座さんへ

 

人間関係で一歩大きく踏み込むような踏み込まれるような出来事がありそう

その出来事でお互いが潤うような

真実を口に出来なかった者同士の出会い

お互いの目が合って「今だ。」というタイミングがきっかけになりそうだ

真実が言えなかったわけではなく

言葉にして発すること自体どこかで躊躇していたのかもしれない

限界を感じていたことにもう一度目を向けるきっかけになりそうな出来事

美しくも重く命の尊さに関連した真実の言葉は優しく発せられるわけではなさそうだ

「今だ。」というタイミングとともに爆発的に発せられる言葉にはトゲがある

トゲもまた今ならば大事なエッセンスとなりえる

誰かと共に作業することで一層磨きがかかり冴え冴えとした月のように明白な言葉

お話している途中でハッと思いついたこと フッと頭をよぎること

そんなタイミングで訪れたギフト

君をゴージャスな時間へ誘う

バージョンアップは誰かと目が合うところからはじまる

 

 

☆双子座さんへ

 

下準備を進めること 今持っている種は君にとってとても大切なものだから

よく観察して よく手を動かし よく風を読んで

間違いのない瞬間をサッと感じられるように下準備を怠らないこと

今は明るみに出ていない希望が満月を境に芽吹いてくる

何を下準備したら良いのか分からないならば

とにかく居場所を整えること スッキリとした心持でいつもいられることに取り組んで

この時点でのモヤモヤはあまり意味がない

とにかく突き抜けるような澄んだ空のような気分やテンションを保つこと

難しいことだけれど

君の掌の中には どんなお花が咲くか分からないけれど貴重な種が握られている

貴重な種は見事に花を咲かせるだろう

今はまだその花の姿は想像できないけれど

君を育むために必要な財産となりえる何かがその花には隠されている

見えづらい状況 揺らぐ足元

だからこそ いつでもここだけは清浄である という場所を見極めることができる

清浄な場所で花は育つ

 

 

☆蟹座さんへ

 

不穏な雰囲気は自らが作り出した影

その影を振り払うことなく進む姿はとても勇敢

振り払ってもついてくるから仕方ないのよ なんて声が聴こえてきそうだけど

今はどうやらその不穏な影すら取り込んで月明かりの元でダンスし始めた君

そのダンスは誰にも真似できないほど見事

君の中の不穏な部分

なんとなく気づいてしまう

知らず知らずのうちにとても愛してしまう世界

それらと融合した世界の中でダンスしている

君にしか入れない世界で君が自由に踊っているので皆羨ましいみたい

「あなたのオリジナルを打ち出しなさい。」そんなことを身をもって証明してゆくきっかけとなる満月

底力を出している 誰かを愛するために 愛し合うために

君は君の力で強くなった

それを祝って そのままダンスし続けて

 

 

☆獅子座さんへ

 

今のポジションは悪くない 今の状態は悪くない

ももうそろそろ出かけようか

悪くない状況ってことは君はもうそろそろ飽きてきている

もっと違う感動 もっと違うショックを受けたい

今まで体験したことがある道のりで成功をおさめた

ももうそれ以外の道のりを歩いてみたい

その予感は正しい

もう完成してしまった世界にいつまでも鎮座していることに飽きてきたんだ

王者であるためには王者の座を自ら降りなければいつか玉座は奪われることは知っている

君は早い決断をするだろう

このままここにいて良いものなのだろうか?なんだかツマラナイ 嘘をついているわけにはいかない 私の本当の気持ち それは もっともっと創造的な世界を作り上げまた新たな景色の中で悠々と世界を俯瞰すること

だとしたらそろそろこの丘を下る準備を

また新たな旅を始めるのだ

 

 

☆乙女座さんへ

 

変化への適応

クルクル変わる風景についてゆけない?

振り出しには戻っていないよ

進んでいるから よーく景色を観察してみて

君は観察名人だもの

少し前まで訳の分からない愛情に振り回されていたけれど

今はきっとその愛情には芯がある

ぶれなさを持った愛情を信頼してみよう

誰かを信頼することで見えてくる

変化への対応はそうした信頼する力も必要だということ

君は括弧たる愛情の城に帰還した

その城は頑丈だ もう安心して

君はスパークしてゆく もっと高くもっと自由に

可愛らしさを取り戻してゆこうか?

そうそのお城ではそんな昔に戻ることを教わる

 

 

☆天秤座さんへ

 

リーダーシップを発揮する

こちらとあちらをまとめるなんて気はそもそもないけれど

そのかんじがとても良い

どちらにもつかなくて良い立場だからこそ君の一声が高く響く

それは 高らかに声をあげている者を制し 愛情を求める者には底で支えて

たしなめるような 「ここがあるから大丈夫だよ、さあ思う存分やってごらん」と両腕を広げてみせているような女性のイメージ

何にも期待せずにここまで来たことの本来の意味は

縛らずにただそのままでやってみよう そう思い続けたということ

誰もが本来の持ち味を殺されること無く発揮できるべきである

という心の奥底からの声

どうしてよいか分からない状況の中でも君はひるまない

そのままで何も誤魔化さないでいるということの難しさと必要性を知っているから

そこから学ぶことは多いということを知っているから

誤魔化さないでゆくことを皆に示唆する役目

 

 

蠍座さんへ

 

持ちこたえてきた願望がついに芽を出す

それは任務としての仕事ではなく

君自身が設定した任務について

ライフワークともいえるかもしれない

大きな評判を呼ぶかもしれない

心してかかる  本番10秒前にような気配

心持だけでも良い 

そのことに関わる何かを発言するときには

「目の色を変える」くらいの気迫が必要

空気が凍りつくほどの気概が必要

守るもの守るべきポリシーやテリトリー

それは君にとっての永遠の宝物なのだから

全てを完全に突破してゆくような風が吹き始める

目の前にチャンスが降ってきたなら飛び乗れ

 

 

☆射手座さんへ

 

自由のための戦い

自由とは?生きるとは?死んでゆくとは?

とてつもなく膨大な量のデータを積み重ねた先でたどり着いたのは 先へ進むためにここで一仕事しなくてならないという発見

剣は振り下ろされる

さあ どうだ? さあ どうくる?と仕掛けてゆく場面もあるだろう

そうそんな血が沸くような場面にここしばらくお目にかからなかった

まだ終わっていない命をどんな風に生かすのか

最大限に生ききるには?

という君にとっての大問題に取り掛かる

ここがスタートだ

さあ走ろう もう一度駆け抜ける

何もないかもしれない その先へ

倒れこむまで走り抜ける

それが命を輝かせる全ての方法であると知る

輝く黄金の馬のように風が吹き荒れる草原を突き抜けて

その先へ

 

 

山羊座さんへ

 

真実を取り戻しにゆこうと決意するような始まり方

君にとっての真実 他の人からみたらどうなのかは分からない

でもそれは決定されているかのように明らかな真実とかんじてる

それならばそれを取りに戻ろう

今間違った方向へ進むことは許されないかのような力がはたらいている

でもそれは誰かにとっての間違いであり君にとっての間違いであるどうか?

心に素直に 心に正直に

感情に流されてはいけない

優しさや愛情はいつも暖かいとは限らないと君は知ってる

だからこそ鋭い目で見つめ続けて

レディーステディーゴーの声が聴こえたら

取りに戻る

たいした時間はかからない

今までなしてきたことに比べれば

心に忠実にやり遂げた そう思うことだけが正義の道を貫く一つの結論

 

 

水瓶座さんへ

 

必要な人材が大きな鍵を握っている

その人が現れて全てが変わった時をもう一度追体験してゆくような道のり

目の前の風景が止まって 時間も止まって 息が止まりそうになった瞬間を何度も思い返すような時間のはじまり

最高の贈り物をおくられたような 夢の中で遊んでいるような気分の高揚感

こんな瞬間はそう何度も訪れない

隠されていた願望

もう一つの願望

そのために頑張ってきたなんて恥ずかしくて言えない思い出

そんなことが現れ出る

また出会ったら 今度こそやり遂げる それを手放さないように

面白いっていう枠を遥かに超えたスペイシーな時間旅行へ

いってらっしゃい!

面白い話を後できかせてね

 

 

魚座さんへ

 

攻められない?

ここを突破した後の君の姿を何となく想像してみて

攻められないから打ち壊せないのか?

いや、そうではないかもよ

今はここでじっくり眺めておくんだよ

じっと動かない景色

音が響かなくなってしまった世界

動かなければどこにも・・どこにも・・

さあ この後に続く言葉は

動かなければ逃げ切れない?

いえ 逃げる必要がなくなっただけ

とても簡単

逃げるよりもここにとどまって最後まで見届ける

そんな役割を担っている

新たな展望はこのミッションを切り抜けた後に見えてくる

とても広い海 とても広い空 乾燥した大地

そんな場所へこれから飛ぶのだから

今は今を体に植えつけておく

 

 

幸運を祈る。

 

p.s  どのサインも頭一つ分過去の自分から突き抜けてゆけ

 

白い魔法使い

 

 

                  <セッションとお手紙お届けのご案内>

 

    f:id:white-wizard234:20170508083619j:plain

          

docs.google.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.8.8 ☆満月の星言葉紡ぎ☆

 

        ☆水瓶座満月の星言葉紡ぎ☆

 

心の底から望んでいることは何かな?

心の底から望んでいたことは何かな?

現在と過去が交差して君に問いかけるような満月

問いかける というよりは「すでに答えが出ていること」が目の前に現れるような

問いかけても答えは出ず とにかく頑張って頑張って生きるしかないって決めたこと

愚痴や弱音に変えないで頑張ってきたこと

愚痴や弱音を言ってスッキリするようなことではない 重要なこと

だから頑張ってきた

それはもしかしたら 心のどこか弱い部分をひたすらに隠しながら打ち勝ちながら進んできた生きてきたこと

全部が全部息抜きしないで頑張っていたわけではないけれど

時に休憩しながらだったけど

この一点にかけては 生きるために必要だからグッと堪えて頑張った

そんなことが今目の前で君に問いかけてきてる

「時間をかけて進んできたけれど、今どんなかんじ?」

「この調子で続けてみるの?それとも今は違うことを始めてみたいの?」

 

君はもしかしたら ここで降りたら今までの頑張りが無になってしまう

って思うかもしれない

でも このサバイバルを降りることはないんじゃないかな?

生きるために 誰にも言わないでひっそりと続けてきたこと

そのなかで学んだことはやはり君を生かしている大切な要素 栄養分になっているのだから

今「どうする?」と問いかけを受けて少し疲れてしまっているかもしれない

あるいは

目指してきた生きてゆく道が当初の目標に達した という満足感から動けなくなっているのかもしれない

このサバイバル

<君が生きるためだけではなく誰かと何かと手を繋ぐことで、窮屈な頑張りから抜け出そうとしている>

 

 

光の中を歩いてたけれどいつの間にか周りはトンネルみたいに暗くなってて

先のほうに光が見える

「あれ?また最初に逆戻り?また生きるために頑張るの?」

そんな気配が満月前にはしてた

 

歩いてるといつもそうだよ いつの間にかまた戻ってる

先へ進むことなんて忘れちゃったよ

なんて言いたくなりそうな満月前だった

 

さて今は?

戻ることを怖がらないでいられたら フッとトンネルの外へ抜け出せる

ってことを少しづつ思い出しはじめた頃

 

生きるために頑張った最初の動機

それは

進むことを怖がっている暇なんてなくて 進む という選択肢しかなかったからなんだよね

今は

戻ることが怖い? 進むことを怖がらない君が戻ることが怖い?

怖いなって足がすくんでしまうには理由がある

それを事細かに教えてくれているような満月

 

きっと

「さあ自分で考えてみて。突拍子もない答えが出てきても怯えないで。それが そのままの君の姿なのだから。その先に望んでいることが待っているのだから。」

 

突然姿を現す新しい君

それはもう時が満ちたよ という合図

新しいと思って取り組んできたことのゴールはいつの間にか切っていた

ハッとそれに気がつく

バージョンアップしなさい ってことに突然気がつく

そのための問いや教えが色とりどりに散らばっている曼荼羅のような日々

 

時間をかけて もう一度取り組みます

その前のおさらいのようなことが次々と君の元へ訪れます

過去の出来事が一瞬目の前に現れて サッと立ち去り 君はそれについて思い返す

「そう これでいい」と頷く君

あの頃とは比べ物にならないほど進化した君自身の手や足や心や頭を信頼して

バージョンアップ

その先には

トンネルに入る前 生きるためにとにかくひた走ることを決意した瞬間の君が待ってる

つまり

過去の君がゴールで待ってるということ

「また歩こう。今度はどちらがどちらを置いてゆくことなく。」

勇者と賢者の再会。

ひた走り続けたときの中で勇気と賢さを手に入れたことに気づく満月

 

また道のりは続く それが当たり前

いきなり変わることなんてないけれど

この先の未来にはきっとまたこんな瞬間が待ってる

「また進むんだ。何があっても立ち止まらないで進むんだ。」

って誓うような満月

 

足がもつれるような

ストレートにダッシュできないかんじがある満月

あっちでウロウロ こっちでウロウロ

でもそれは次なるスタートの門のあたりでウロウロしているような気配

目の前に次なる門があるのに気づけない

気持ちもウロウロ

行こうかな?やめようかな?

その迷いがピークに達した頃がこの満月

答えが出ない 簡単には答えられない

迷いながら進むんだ

そう決意したら景色は変わる

 

決意

生きるって決意することが必要らしい

バージョンアップするんだ って決意したらきっとまた時間の渦にしばらくは巻き込まれるけれど

大丈夫

決意とともに急激に物事は流れ始める

必要な手助けは自力で出来る君になった今 

この満月で<ただ一人きりで頑張った過去を越えてゆける>

仲間が待ってる

これがバージョンアップした後の恩恵

仲間

一人では出来ないことに気づく そんな満月でもある

一人で頑張ったから仲間と目を合ってくる

馴れ合いではなく

暗闇の中でも目を光らせて駆け抜けてきた仲間に出会える

 

グルグルしそうな時間の渦をこの満月はもたらすけれど

その先を信じて

わたしだけを信じることはこのあたりで終了

わたしから離れてもわたしを保っていられる ということを実感してみて

もっと自由にもっと広くもっと柔らかく

君は君を世界のなかで遊ばせることができるようになる

この小さな体も頭も信頼してみたら

何人もの自分と出会って 

これから先は世界の中で浮遊するように私という軸に縛られることもなく 世界を信頼してゆけるようになれば

 

楽に楽に気を抜いて

そろそろ新しいものを受け入れる準備を

不安が未来をかき消してしまわないように

今起こることは怖さを払拭して決心を早めてくれるような出来事だから「見なかった、感じなかった」ことにだけはしないように

受け止めて 重くなりすぎず 

世界にプカプカと浮かんでいるようなつもりで身を任せて

開け新しい門

君はその門に向かって歩き始める 

まだ見ぬ世界の先へ皆で

 

    f:id:white-wizard234:20170720105452p:plain

 

 答えがでない 出せない 何だろうこのモヤモヤした気分は・・

というところからガーンと光があたる場所へ連れてゆかれるような満月

あっちでもないこっちでもないと行ったり来たりするうちに足が止まってしまった数日前が遠い昔のような気がする・・って声が聴こえてきそうです

そもそも答えなんてあるの?

って考えてるうちに満月に至ったような気配

なかなか進まないなあと思ったてたら突然回り始める時間

これって全て「自分の力ではどうしようもないこと」に繋がる気がします

気持ちを優先させていたら尚のこと進みたい進めない、みたいになっていたかも

答えを一つに絞らないで 今目の前のことを淡々とやり通せたかな?

休憩はもてたかな?

って満月前のご自身を振り返ってみると良いかも

きっとそのあたりに次に繋がるヒントがある

 

気持ちばかりではなく体も

急ぐばかりではなく時には緩やかな時間をもって

ってできたら良いんだけどね

 

過去に今からはもう前だけを見てある程度の結果が出るまで頑張るって決めたこと

その時から気持ちばかりに目がいってたり 急いでばかりいたり

そんな癖があらわになって出てくるかも

できれば心静かな時間をこのあたりで設けたいです

 

でも でも・・

(ってここが今回の満月っぽいんだけれど)

本心はもっともっと上を目指したい まだまだ行ける!

そう感じる

どうしたら良いのでしょう?なんていう言葉がピッタリというか

どうにもできないからこのまま浮かぶような感覚でたどり着いた岸を信頼してそこへ上陸してゆく

ってなればとても良いかんじ

そこに至る過程がこの満月には隠されている気がします

信頼すること

過去も未来も

ただ浮かんでいるような感覚でたどり着いた先でしなやかに動いてゆけたら

 

なかなかコレというジャストフィット感がないから不安?

目に見えない聴こえない触れられないから不安?

思い出してみよう

手探りでも進むって決めた過去を

あの頃よりは進むべき理由がくっきりとはしていないかもしれないけれど

何か心に体に出来事に心ざわつくものがあるとすれば

それが新しい門であることに違いないのだと私は思います

浮かんでいるように 力を抜いて 

ただここにある ということ信じ続けていられたら

見事に新しい門を潜り抜けることができるはずです

その先には

一人ではない世界が待っている

一人でやらなきゃ という錘が外れる満月

いつのまにかここにたどり着いていてラッキーです

と言っている君

バージョンアップ後の世界

個人の重さから解放された世界

まだ想像がつかないけれど

なんだか星空を眺めている時のような気持ちがする世界

「あんなこともこんなことも過去から教えられているし あんなこともこんなことも本当か嘘か分からないけれど なんとなく信じてみたい あんなこともこんなことも心栄え次第で輝くし濁る だとしたら私が信じてる希望を読み取ろう この曖昧な世界の中を悠々と泳ぎ渡り 時に心を矢で射られるような冴え冴えとした思考をもち コツコツと積み重なる時間の中に美を見出し 狭い世界に留まることなく限りなく広い視点を躍らせて生きてみよう。」

そんな希望が持てたなら

薄明かりの中で誓い合えたら

 

         

 

       f:id:white-wizard234:20170804111116j:plain

なんだかとてつもなく膨大な量のメッセージ隠された満月ですので、長くなりますが一つづつ紐解いてみたいと思います。興味ある方はご覧ください。

 

☆全体の雰囲気(満月の星言葉紡ぎを書く前のメモより)☆

 

相容れない関係性の中から生まれる衝動

あれでもないこれでもない そう躊躇し踏みとどまった分だけ飛躍する

駄目かもしれない これでは到底叶わない

ズッポリと沈み込む感覚からの浮上

浮上するのは随分先になるかもしれない

今は無理でも 進んでみて

諦めることなく持ちつづける 信じ続けることが

浮上をうながす

だから一度手放して 怖がらずに手放してしまえば 夢は夢として開花してゆく

必要なことならば必ず立ち返ってきてくれる

それは君が望んだことを忘れてしまったころに戻ってくること

長い長い時間がまたはじまる

その始まりの門に今立っている

頭をぶつけて 狂おしく望む姿は他から見れば痛々しいかもしれない

でも君はきっとやってのける

生きるための新たなミッションが始まる

求めることが姿を現した今

いくらでも時間を注ぎ いくらでも自由に いくらでもやり直す決意で門をくぐる

 

 

☆驚きの展開・急激な変化☆

 

乗り越えられる これを楽しみに頑張ってきたんだもの

そのお宝 目の前に見えたときにフッと姿を消してしまうことがあるかも

でも今だけ隠れたんだ って意識を切り替えてみて

なかなかのショック 頬を引っぱたかれたような痛みと驚き

だけど 何だか心軽くなってくるはず

何故かって その楽しみは今の君にはもう小さすぎるから

もっと違う方法でそのお楽しみにもう一度挑戦してみて

そういうこと

順路が間違っていたわけではなくて

何が間違っていたわけではなくて

もう一度挑んでみる価値があるか?という疑問を投げかけてくる出来事だと捕らえて

あなたの新しいやり方で再挑戦してみるスタートとなる満月

目の前にゴールが見えてて消えうせたショックは大きい

でも内面に注目して

ざわつく心があったのではないか?

今この宝を手に入れても良いのか?というザワツキ

今じゃない これじゃない

精査して 見極めて

そんな時間を得た と視野を広げてみて

現段階で満足しないことを促す出来事

きっと善い結果となってベストなタイミングで再来する宝

信じて 手放して また手に取ることを誓って

 

 ☆脱出口が見つけたら迷わずに走りきる☆

 

どんな道を選んだら良いのか?迷うことも多いような満月

選べない だけど「どこかに向かわなければならない気がしている」

そんな逸る気持ちと同時に起きる突発的な出来事

満月後のほうが強力にその力がはたらくかもしれない

満月まで走りきって山頂に着いたと思ったら登る山を間違えてた!と気づくことが「もし」あったとしても この山に登る意味があったはずだ と思ってみてください

今いる山頂から登る予定だった山を観察してみる

すると

その山にもし登っていたら登頂できず敗北感だけが残って立ち上げれなくなっていたかもしれない

つまり 間違えてよかった と思う瞬間がすぐに来るということ

あちらのルートを辿っていたらたどり着けていなかったかもしれないのだから

そして意識はしっかりクリアに保つことが大切だ と気を引き締めることができるはずです

何事においても 

今の状態がベストである という結果を信じて進みたい満月

 

 

f:id:white-wizard234:20170804165030j:plain

 

この先はまだ未到来の時間が待っている

手付かずの時間が用意されている

過去の間違いや今だけのショックで全てを投げてしまってはいけない

辿り着いた岸はどんな岸だろう?

少し落ち着いたら腰を上げよう

満月の時間帯には辿り着いた岸で焚き火をして星空を見上げよう

手元を照らすまぶしいくらいの月あかり

目が慣れてきた頃

岸のところどころに焚き火の炎がチラホラ見え始めるだろう

そう あれが近い未来に出会う仲間たちの光

皆それぞれにそれぞれの過去と対峙しながら静かな時間の中で呼吸を整えている

これから先は君は一人ではない

これから先は憧れを裏切らない友と歩み出すことが許される

それは膨大な時間をかけて頑張ってきたもの同士が束の間の間憩う静かな夜

息をして 吐いて

息をして 吐いて

秋の風が吹き始める月夜

許された門が開き始めることを感じながら

みんなが過去の自分を頭一つ分突き抜けてゆけますように

 

親愛なるすべての友へ 幸運を祈る。

 

 

星言葉紡ぎ屋店主 白い魔法使い

 

 

      <セッションとお手紙お届けのご案内>

 

     f:id:white-wizard234:20170508083619j:plain

 

docs.google.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.7.23☆新月の星言葉紡ぎ 12サイン別☆

 

 

           ☆獅子座新月のみんなへ☆       

   

         f:id:white-wizard234:20170720105119p:plain

 

 

 ☆牡羊座さんへ☆

 

突破口をついに発見する。

ついに、と言っても案外目の前にある突破口なので ただ単に気づいていなかっただけかもしれない。

目指してきたことを確実にやってきたら予想通り、ゴールにたどり着いた、突破した、みたいな完成を目指して最後の一ふんばり。

勝負どころ、のような感覚がしているかもしれないけれど、実は今までやってきたことの最後の正念場だったりする。

だから変わらず、最後まで堂々と走りぬいて。

ここが到着か?これが突破口かどうか?分からなかったら、気分が良い場所へ運ばれたならばそれが到着の印だと思って。

居心地の良い場所を探し続けた旅の完成。

 

 

☆牡牛座さんへ☆

 

近くて遠い存在を見つめなおす時。

憧れも尊敬もないんだけれど何か気になる 引っかかる存在

よく観察してみて

実は君にそっくりなあの人のことを

嫌いとか好きとかジャッジが上手くゆかない ボンヤリしてて気持ち悪いなんて思わずに

ボンヤリしてるからこそ決め付けないでゆける楽しみ

厳しすぎず緩すぎずのポジションはもしかしたら君にとっては居心地が悪いかも

その似ている人はとってもハッキリしているね

好きも嫌いも子供みたいに言う人だね

羨ましくなくても 迷惑でしょっ、っていつもなら思うことも今は馴染み深い

君の中のもう一人を許すための出会いが待ってる

 

 

☆双子座さんへ☆

 

大先輩の意見に耳を傾けて

昔は意味不明だった言葉がスイスイ頭に入ってくる

今の君だから分かるお話

教えていただけることに感謝を

一時の知識ではない深みと滋養に満ちた教えや道しるべ

そんな深みがこれからの君には必要になるはず

見込まれて教えていただいた そう思えたらいいね

憧れの存在からのオファーがあれば受けてみよう

自信をもって

苦手意識をもっている人からのオファーだから最初はビックリしちゃうけれど

グンと伸びる夏

参加とか協力とか<一人で全部やりきらない面白み>を獲得しよう

 

 

☆蟹座さんへ☆

 

ごった煮状態、こんがらがった紐、片付かないお部屋みたいな状態だった気持ちがスッと落ち着く

マイペースでここのところを切り抜けられたことが自信へと繋がってる

もう これ以上勝手にはさせないわよ!ってエネルギーが発動し始める

落ち着いたところでのいきなりのエンジン全開

蟹座さんなら行けるはず

そう あなたは並大抵の情熱じゃ解せないのだよ

クリアじゃないことも嫌なんだよ

嫌だな とか 不快だわ とかそんなことをちゃんと表明しても良い時期

だって必要ないから 情熱を萎ませるな とばかりにはりきります

君の本来のブッチギリをみせて きらめけ

 

 

☆獅子座さんへ☆

 

てんやわんやの忙しさ 何これ?というほどの盛り上がり

君はけっこう冷静 みたいな新月

やってきただけはあるな ふふふん

それで良い

だって努力したのだから

それは 人の為に役立たなさそうな頑張りだったのに いつの間にか人の役に立っていることがらが増えたから 君も納得の忙しさ

意図しないことが情熱を燃え立たせるのね とも思うし

意図しなけれりゃ成功はないんだな とも思うし

明確な目標をもって進むことの大切さを知った今

今度は力を抜いてみよう

ドラマティックな展開は力を抜いて波に乗った頃動き始める

 

 

 

☆乙女座さんへ☆

 

誰かとシェアできる楽しみをたくさん持とう

一人でじゃなくて

子供がお母さんのお手伝いをして楽しい みたいなシェアしているからこそ楽しい時間を作って

今の乙女座さんに孤独は似合わない

できればもっと出かけて 古い友人を訪ねるような気分で出かけよう

一人じゃないよ って皆に分かってもらうこと

堅物じゃないよ って知ってもらうこと

わたしってこんな表情もするんだよ って意外な一面を知ってもらおう

とても楽に羽ばたくことができる夏

はじめて蝶が飛び立つときみたいに 最初は不安定

でも美しく飛べるようになるから

 

 

☆天秤座さんへ☆

 

気になっていたことが一つのゴールへたどり着いたことを見届けてホッと安堵できるような新月

尽力したことの結果

誰かを何かを支え続けた結果がでる

さて 次は君の番

旅立とう 心軽やかな場所へ

楽しむことを少し遠ざけていたような ここ数年

目茶苦茶に弾ける場所へ行っても良い頃

ゴールへたどり着いた誰かさんも幸せそうな顔をしてる

だからもう心配しなくてもいいよ

あなたはあなたの人生へ還ろう

努力と愛情は忘れられない経験となり 糧となった

幸せをつかみに

 

 

蠍座さんへ☆

 

 浮世から離れた場所でせっせと次に進むために知識を蓄えているところ

人がそんなに訪れない緑豊かな図書館 のような場所

空中庭園のような場所

皆とは違う視点で今を見つめ続けている今年の蠍座さん

美しく整えられたシーンと静かな場所 ひんやりとした場所で

コツコツと調べ物をしているような日々

なんだか私だけ取り残されちゃった?でもまあいいわ 気分が良いし

って君はとても清らかな表情

グツグツ グラグラ ドンドン ガチャガチャ

煩かった日々はどこへ行ったのかしらね?

今の君は相当魅力的

だって安心できる場所を知ったから 帰れる場所を知ったから

突き詰めるってグツグツグラグラ煮え立つような想いだけではなくて

シンと静まりかえった部屋のような心栄えになるものだから

扉の外は荒ぶっているよ でもここは安心

そう言ってみても良いかもしれない

「さあ この扉の中へどうぞ。」

今度は誰かをご招待してみよう

その静まり返った部屋へ

 

 

☆射手座さんへ☆

 

正しくあるということにスポットライトがあたる新月

プレッシャーになるか?と言えば そんなわけはなく むしろ楽しむ

正しいと思ったことを正々堂々と貫く

ここまで来たらあとは貫くだけ

ピカピカの剣がスッと射抜くその先には

一年半ほど頑張ってきたことの結果が

射抜くの?結果を射抜くの?

射抜くことで次の目標が定まる

鉄板だと思い込んでる的(結果)は綺麗に砕け散る

もっと新しい君に変身してゆくために

これは通過点でした そう思えるような集大成へと向かってゆく

だからもう今はプレッシャーとか言ってらんない

狙う先は今の君 狙っているのも今の君

未来へ進もうとする力が後押しして矢は放たれる

 

 

山羊座さんへ☆

 

継続させてゆくために必要な人材 アイデアが空から降ってくる

一人ではできないこと 煮詰まっているところに風穴が

継続させたいならば第三者を呼び込もう

続けてゆきたいなら「必要ない」なんて厳しい言葉は置いておいて

今は柔軟に

ただ固執して続けるだけではなく

続けてゆこうとしている者同士が組み合わさったら面白い

苦しいとちゃんと言える人たちが集まってきて唖然とするけれど

そうか人を頼ってもいいんだ そう思えたら流れにのる

あなたを信頼している人 あなたが信頼できる人

よく観察して 同じテーブルについてみよう

話す事 分かち合うこと をテーマにもって

分かち合うことで グングン枝葉が伸びるように繋がる出来事

もう一人で頑張らなくてもよい

君の頑張りを見てきた人たちが集い始める

 

 

水瓶座さんへ☆

 

見直し期間

どれを信じるか 誰を選ぶか

そんな悩みに振り回されたこともあったけれど

今一度訪れた見直し期間の今 ひらめくことが

それは

最初は全部信じてただけだった ということ

何だか渦に巻き込まれていたけれど

元はと言えば 全部信頼したところから始まったことだった

でも

それが打ち砕かれた 上手く立ち行かなくなった

その頃の痛手はまだ癒えていないかもしれない

「信頼してただけでした」って結果が何よりもあなたらしい

君が悪かったわけではないんだよ

そう気づけたら心に羽がはえたような気分

だって もうすぐ 信じることをもう一度始めなければならないのだから

裸の心で向き合って

星の元で感情を調整して

美しく流れるように

 

 

魚座さんへ☆

 

ふわふわしてて少し心もとないような表情

また繰り返すんじゃないか?って不安が波のように押し寄せる新月

ホントは楽しい気持ちに代えてゆきたいのに

何だろう?

この胸のザワザワ

まだときめいてくれない心臓の音

もっと違う景色を見たくなってる証拠だよ

不安に押しつぶされそう 繰り返す怖さ

今はもう大丈夫になってるはずだよ

止まらないザワザワはいつでも心のどこかにある心象風景

今はそれが大きなスクリーンに映し出されてるって考えてみて

どう?

いつものことじゃん そう思えない?

大事なことは大事にしよう

次はもう捨て去らないで持ちこたえてゆく

ギュッと留まって ドキドキに変わるまで

 

 

 

        <セッション&お手紙お届けのご案内>

        

       f:id:white-wizard234:20170508083619j:plain

      

 

docs.google.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.7.23☆新月の星言葉紡ぎ☆

     

            ☆獅子座新月の星言葉紡ぎ☆  

  

   f:id:white-wizard234:20170719120746j:plain

 

 

何か気持ちにシックリぴったりこないような願望や欲望の芽生え

「わたしこんなことホントに願っているのかしら?」

「もう、忘れたはずの願望なのに。」

いつの間にか蓋をしてしまっていたこと

いつの間にか忘れ去ろうとしていた欲望

「欲望とか願いとか、そんなこと言ってるほど暇じゃないわ。」

そう、いつかの君はそんな態度だった

けれどここにきて思い出す、というか、沸騰してきた想いがひとつ

それは今の君とはかけ離れた 無理そうな願い 叶わないかもしれない欲望

ホントにそんなこと願ってるの?

こんなふうに自分自身に問いかけ続けた新月

 

行ったり来たり 

入り口から出たと思ったら また 新しい入り口が待ち構えている

やり直し やり直し の日々

一体何がホントなの?私よ教えておくれ って思った場面も多々あったのではないかしら?

新月前までの星たちの言葉は

「色々やってごらんなさい。自由に駆け回っても大丈夫。また新しいドアを用意しておくから。分からなくなったら新しいドアの前へ連れていってあげるから。」

そんな言葉の繰り返しだったような気がします

あっちへ飛んで着陸して また飛んで 次は歩いて はい、走って!

どこからともなく指令を出されているような日々

それに忠実に動くわたしたち

(毎晩の星言葉紡ぎを書いていても、右往左往させてしまっているのでは?と思ったりしました。)

 

今 わたしたちはきっとこんな地点に降り立った

 

分からなくても こけても ズルズルと落ちていっても大丈夫な地点

 

足元を強化するために色々と歩き回ってきたのではないかな?と今思います

歩く場所の地固めのように

これから歩くぞ!歩いてゆくぞ!という決心とともに右往左往してきたのではないかな?と感じます 肝据わってきました

ですから 新月前にアタフタした場所や課題こそがこの新月以降「最も大事な任務を果たす場所」になってゆくはずです

やりきらねばならない 遂行しなければならない課題 ミッション

きっと その課題をクリアした頃 新たなあなたに出会えるはずです

新たなあなたは いまよりも強くたくましい 誰かを支えるために自身を信頼している人間 そして世界を信頼し渡り合える(新月図では「世界を相手に張り合う」と言ったほうが良いかも?)人間へと変化しているはずです

 

もっと気楽にこの世界を渡ってゆけたら・・

もっと楽しいことだけして生きてゆけたら・・

そんな風潮も高まる中

ここは ハッキリと目標を定めて足元を確認しながら誰からも賞賛されなくても進まねばならない 進むべき道が準備されている ということに気がつけたら という新月

 

なんとなくの雰囲気は私たちを常に取り巻いていて 払拭しきれません

どんどん過熱してゆくような情報や出来事の渦中でわたしたちは

今はまだボンヤリとした欲望や願望を見失わないようにできるかな?

今はまだ沸々と煮え始めたばかりのお鍋の底をじっくりとゆっくりとタイミングを見計らってかき混ぜ続けてゆけるかな?

 

見失わないために

しっくりこない イビツな願いにこそスポットを当ててみて

諦めない ねばる姿勢で 

失いそうなときは ギュッと抱いて離さないで

迷惑だろうな なんて思う必要はないです

情熱をちゃんと見据えていれば迷惑にはならないから

めちゃくちゃもできないように制限もバッチリかかっています

ストッパーは今着地した大地そのもの スタート地点そのもの

だから欲望や願望を見失わないように

見失いそうになりかける新月だけど

もしも抱いて持ち越してゆけたなら

その課題に対する新しいミッションが瞬いてくれる

次は新たな展開が待っている

待ち望んだ新たな展開

くれぐれも見失わぬように

 

煮え始めた欲求やら情熱をジッと観察する必要

それはね 時には忘れて 時には新しい空気を混ぜ込むことで

過去に諦めた願いに新たな息吹を吹き込むため

ですから お鍋の底を焦がさないように グルグルかき回して 決して目を離さないように

「わたしはどんな未来を望んでいるの?」

「わたしは元はと言えば何故そうなりたいって願ったんだっけ?」

と 自分とお話するような感覚で見つめてゆけたら良い

自ずから

「達するべきことを思い出した!今なら方法を変えて再挑戦できるかも。」そう閃くはずです

 

f:id:white-wizard234:20170719125456j:plain

 

何かを打ち砕くために燃える情熱と何かを継続させて存続させてゆくために燃える情熱とのせめぎ合いのような星たち

どっちが正しいの?はもう止めて

両方選んじゃおう

何が悪で何が正義で何が欲望なのか?分からなくなりそうだから抱えてゆきましょう

どちらも選ぶという全く新しい答えがあなたの中に芽生えたら素敵

壊すか?壊されるか?

諦めるか?辞めるか?

と迫られた過去が顕になって動揺することもあるかもしれない

でも 今度こそ諦めたくないし壊したくないなら

両方選ぼう

打ち壊したくないならば 続けてゆきたいならば

この情熱や欲望を向ける先は

自己の弱さ その一点

 もう一度書きます

今はこれ以上落ちてゆかない地点へ降り立ちました(長かったね!)

それが地の底なのか?はたまた分厚い雲の上なのか?

それは人それぞれ

共通しているのは 何度も行ったり来たりして足場を固めたってこと

だから安心して

あとは進むだけ 上昇するだけ

火の星たちが 「それ!」と言わんばかりに天を焦がすような勢いです

炎の勢いに飛ばせれてみよう 信じてサッと舞い上がろう

弱さを認めて 駄目だな、進歩してないなと思いながらも進もう

新しいスタートの門は開いたばかり

自己の弱さを知り抜いた者の強さ 自己への信頼

弱かった頃の自分に打ち勝つ そんな新月

 

他者をどうこうしたり 周りのせいにしてしまうのはとっても簡単

目をつぶって暗闇の中に埋没するのも簡単

 

さあ何が望みだったか?思い出しにゆこう

そして今度こそはと駆け出そう

 

大丈夫な足場を作り上げた今 

苦しい基礎固めのような日々だった新月前にくらべて勢いがつき始めますが

じっくりじっくり繊細に冷静に この先を狙って

欲望や情熱の灯を消さないように

 

全ての親愛なる友へ 

 

幸運を祈る☆

 

白い魔法使い

 

 

     <目立たないけど大事な星たちからのメッセージ>

 

      f:id:white-wizard234:20170719120629j:plain

 

 

 ☆たくさん溜め込んだアイデアを放出してゆく。

狭い屋根裏部屋にぎゅうぎゅうと詰め込まれた古い本たち、みたいなイメージ。

それを捨ててしまうのではなく 次に必要そうな人へ手渡すような感覚で

アドバイスするような形で誰かに貢献できるアイデアが君の過去のアイデア帖に詰め込まれているかもしれない

そこから面白い人間関係がはじまるかも

宝の持ち腐れでは勿体ない どんどん出して

 

☆長期的に取り組むからこそ面白い と思えることに手を出してみよう

一体いつモノになるの?みたいなことに挑戦して

持久力がつくから簡単に諦めない君に変化してゆく

音を出すのさえ難しい金管楽器に挑戦する みたいな

いつ終わるか分からない刺繍の世界に手を出すとか

じっくり取り組むことの楽しみ

 

☆電光石火の早業で(どっかで聞いたことある台詞ですがw)スルリと通れる抜け道を探す 苦労ばかりする必要はないよ

生きやすいように生きる って贅沢だと思っていないかな?

わがままって思っていないかな?

なんで そんなに縛られるのかな?

一生懸命生きてるんだもの 何も卑怯ではないよ

ただ それを訴えかける熱意は必要

新月が応援してる

言葉と冷静さをもって挑んで

 

           

       <セッションとお手紙お届けのご案内>

 

   f:id:white-wizard234:20170719154404j:plain

 

 

docs.google.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

2017/7/9☆満月の星言葉紡ぎ 12サイン別☆

  

       ☆山羊座満月のみんなへ☆

 

  f:id:white-wizard234:20170706103120p:plain

 

           ☆牡羊座さんへ☆

          

 

例えば熱く白熱した議論を繰り返しているとしても

それが今後の糧となる

例えば今 もう嫌だってほど関わっていることがあるのならば

あと少し関わってみて

投げ出すのはまだ早い

変革の波を乗りこなしてゆきたいという互いの熱い思いが今はじけている

面倒な気分にはならないかもしれない

そう あなただって変わってゆく気配をかんじてるから

もっと白熱したって大丈夫だ

スパークして弾け飛んだ そこから答えを探し当てる

瓦礫の山の中から今の気持ちをもう一度探し当てるようなつもりで

 

当たって砕けて それでも崩れている暇はない

あなたはあなたを尊重する意味をすでに知ってるから

きっと相手もそうなんだ きっとその状況の核は「互いを尊重すること」

 

だったらまずは引くことに専念してしまわずに きちんと話をつけよう

引くことだけが美徳ではない

尊重するってどんなこと?

嘘をつかないこと

 

あなたを受け止め 相手を受け止める

そんな信頼関係を求めることに力強く取り組んで

命を燃やす季節の到来

 

グッドラック☆

 

 

           ☆牡牛座さんへ☆

       

 

ここは何処?一体どうなってんの?

って少し道に迷い気味 または 状況が見えすぎててツマラナイ

だって どうせ

が増えてくのが嫌だ

はやくこの状況から抜け出したいなあ

抜け道があればよいのだけれど

どうやらもう少し切り込んで 潜って 探る必要がありそうだ

とっても苦手な感覚 だけど その欠けてる部分に気づいてるあなた

苦手意識に挑戦する

随分重たい水の中に手を差し伸べるような感覚

ここを乗り切れば またしても新しい道が開けてくる

新しい開拓が億劫になってるならば 今こそもう状況に任せよう

重たい水 苦手な感情

気づいたら潜って  同化してる

あれ?案外気持ち悪くないや

そう思った時 浮上しはじめる

浮かび上がったらマッサラな景色が

「さあ また面倒なことに取り組むんだ」

そう言いながらも 少し笑ってニヤリとするあなた

なかなか 格好良い

 

グッドラック☆

 

 

              ☆双子座さんへ☆

               

 

背後から支える

新しい芽を摘まないように

気づいたところに参上する 助っ人として軽やかに参上する

前面に出るよりも 背後にまわって もしくは 背後の人を大切に扱って

適材適所 

前面に出たい気持ち 主張よりも

支えてくれている人 支えたい人へ手を伸ばす

しばらくはそのようなスタンスが続くかもしれない

そしてそれは生きてきて初めてのスタンスかもしれない

だけどその役目やってみたら居心地が良い

 

助ける の意味を知った今

大きな風が見方になってくれるだろう

主張しなくても意思が通ってゆく

まるで自動ドアを潜り抜けるような

だからこそ 誰かを先に通してあげよう

 

一緒にそのドアを開けてゆく

その後に待ってる 新品の世界

力の使いどころをよく観察して

あなたの力は今ものすごく巨大なのだから

 

グッドラック☆

 

 

          ☆蟹座さんへ☆

 

本心は一体何を欲してる?

これをやっちゃあ大人気ない?

これを言っちゃあ女が廃る?

あんまりにも本音に忠実では怒られるかな?

なんて「どうしよう?」が増えて 脱ぎ捨てられないヴェール

でもたぶん 脱ぎ捨ててしまう

その後を考えてみよう

その方がスッキリするならそれが善い選択

もし危険を感じるならばサッと退場して

 

感覚の使い方 勘の使いどころ

性的な問題への課題

剥き出しになる本能や感情を今後どうしてゆきたいのか?

賢いあなたは考える

この熱い想いをどんなふうに昇華させてゆくのか?

 

昇華させた先には大輪の花が咲いている

強く賢い花

負けない勇気 

私は駄目だ なんて思わない強さ

私は考えられない なんてそんなことはない

あなたの人生 あなたの道

さてどうしたい?

 

グッドラック☆

 

     

          ☆獅子座さんへ☆

 

 理想を高く掲げて 

間違いや正しさを探してる暇はない

責任を請け負えることをもう分かってるから

理想を掲げて

間違い探しも 正しさの探求もそもそもそんなに好きではないのなら

素っ裸で旗を掲げて

だれも見たことの無い王国

だれも見たことの無い旗

それを君は毎日追ってきたのだから

美しいと感じる生き方を突き詰めても良い頃なのでは?

身をかわす方法 努力すべき方向

それをずっと研究してきたのだから

今すべきことは

もう悩まないこと

ジャッジしてる時間などない

 

グッドラック☆

 

            ☆乙女座さんへ☆

 

さあ 手が離れましたよ

あなたが掴んでいたいと願っていた手は愛情を示すために離れていった

あなたの自由を守るために

あなたも飛び立とう

もしそうしたいのならば協力者はたくさんいる

ただし もうその存在は近くにはいないかもしれない

見守ってる 上手くゆくように

あなたなら上手くやれるよ

手を繋いだままでは溺れてしまいそうな海をよく泳ぎきりました

あちらの対岸へ渡った 渡りきった

さあ 手を繋いでいたときの温かさをお守りにして

胸にそっと抱いて

あなたなら上手くやれるよ

 

グッドラック☆

 

 

          ☆天秤座さんへ☆

 

想像力を何に使う?

楽しみを広げよう 手を足を動かそう

急がなくて大丈夫

誰かに惑わされるくらいなら篭って好きなことを手当たり次第にはじめてみて

誰かの前でやりたい放題できないなら

一人でやってみよう

わたしってこんなことが好きだったよね

わたしって一人だとこんな感じなんだ

って久しぶりにホッとできる空間

もう一人を邪魔させない くらいの気持ちでいられたら

知らない間にキラキラ光る宝石があなたの手の中に戻ってきてる

落としちゃった光を探そうと躍起になっていたけれど

それで泣きそうだったけれど

戻ってくるよ

あなたが鎮まって 世界も鎮まって

恥ずかしくて出てこられなかった宝石の小さな声を聴くことができるようになる

落としちゃった光をあなたの中にみつけて

 

グッドラック☆

 

         ☆蠍座さんへ☆

 

重たい瞼を冷たい水で洗って目を覚ますような時

首をもたげていた問題もそろそろ終盤にさしかかる

長い時間付き合いすぎてきた問題

目を覚まして 見据えて 取り掛かる

時間が処理してきた部分に目を向けたい

そのためにはまず目を覚まして

とても大切な部分として扱いたいから時間に任せたこと

今ならあなたの意思が通じる

優しさは見守ることだけじゃない

ホンキを出すときの眼光

さあ 闇夜に光る瞳を取り返しに

 

グッドラック☆

 

          ☆射手座さんへ☆

 

変化してゆきたい気分に敏感になってる

それはあなたの気分以外の外側の気分に対して

だから早廻りして誰かに伝えたい

そんな衝動

やっちゃおう

知ってることを伝えに出向いてゆこう

知ってるのに知らんぷりはきっとできないよね

きっといつか言っちゃうよね

だんだんその日が近づいてきてる

やっぱ始めちゃおうかな?

そんな気分になってるなら

今から準備を

できるならば今すぐに

言わなくちゃ分からないことで満ち溢れている世界に

ハロー

あなたはやっぱり燃え尽きるまで飛んでゆく

火の鳥みたいに

 

グッドラック☆

 

           ☆山羊座さんへ☆

 

ドキドキ高鳴る胸

ゾクゾクするほどのやる気

隠れている場合ではない状況

さてどうしようかな?

絶対に叶えたい夢が逃げてゆくような気がしてる?

いえいえ 逃げてはいませんよ

あなたのドキドキゾクゾクが伝わっているだけ

臆病になっている者を追い込むのではなく

善い方向へ向かおうとしているんだ

って宣言してから一歩を踏み出して

時代のウネリ 人の気持ち 集団意識

一気に押し寄せる結果によってあなたは動かされる

突き動かされた という結果になっても

流されてたどり着いた場所があなたへの次のミッションが準備された場所

そのミッションは

好きなように踊れ

ってこと

誰に何に動かされてる?

たぶんそれはあなたが心の底から望んだこと

今 その願いを明確に

 

グッドラック☆

 

         ☆水瓶座さんへ☆

 

立ち向かうべきものの出現

もっと遠くへもっと遠くへと誘うものの出現

その影を追って歩き出す

描いてた夢はずっとずっと先まで君を連れてゆく気らしい

それに乗るか?

決着がつかなかったモヤモヤは誘われてその後晴れてくる

モヤモヤに巻き込まれないで

立ち向かうべきものはそのモヤモヤ

晴らすために立ち向かう

ある意味 成し遂げられなかった あと一歩で諦めたことに決着をつけるための一歩

モヤモヤが消えないうちは旅立てない なんて考えていない?

引き連れてゆくしかないときだってあるんだ

って思い切って

そのために 後悔はしないという覚悟も必要

出たとこ勝負でもいいじゃない

 

グッドラック☆

 

 

           ☆魚座さんへ☆

 

外へ出て 光りを浴びて 外へ出て さあすぐに

そんな勢いが増すけれど

それだけじゃない そんなふうに心の底では知ってる

やってることと 言ってることの裏側には

いつもよりも情熱を増したマグマのような期待に溢れてる

その期待裏切られてもいいや

そう思ってるところもある

もう我慢ができない

そう きっと我慢できないからマグマに成長した熱をあなたは抱えてる

表現しよう もっともっと

迷惑をかけるんじゃないかな?

バカみたいだと思われないかな?

迷惑をかけてもバカみたいって思われても

一生はそんなに長くない

瞬きの瞬間に生きている だとしたら

あなたなら何を掴みにゆく?

成功しなくても 着地点が分からなくても

飛び立つ鳥よ

 

グッドラック☆

 

 

 

 

 

  

 

docs.google.com

2017/7/9☆満月の星言葉紡ぎ☆

     

 

          ☆山羊座満月の星言葉紡ぎ☆

       

 

f:id:white-wizard234:20170705110115p:plain

 

実感が伴う満月

誰にも等しく訪れる変化の時

嫌でも嫌じゃなくても変化は起きているんだ そう 生きてるだけで変わってゆく

それは世界の中心に<私>がいてもいなくても巡りめぐって駆け回る変化

台風が来て 海水温を下げてゆくように

海水温が下がらなければ生物は死に絶えてしまうから

わたしたちが好もうと嫌がろうとも訪れる変化

守ることは私だけの力では引き起こせないらしい

時間が経って いざ!と待ち受ける変化の波

そんなふうに立っていられたら良い

環境が変わっても 今と同じでなくても いざ!乗り込もう

私だけの力では及ばないことに悲観的になりすぎないで

みなの協力なんてどこにあるの?

皆って言うけれど どこにいるの?

それは あなたの中にいる変化に耐えてきて生きてきた人柄 人格の中に探そう

外側に求める前に まずは私を信用して 引き出して 脱ぎ捨ててゆく覚悟で

 

硬い殻を破ることは もしかしたら死ぬほど怖いことかもしれない

だけど そうならざるを得ない状況だとしたら?

思いもつかない行動をきっとしてるはず

「えっ?私がしたの?」って驚くような

そうそう それでいいじゃない

だって もう目の前には新しい透明なあなたの姿が見えている

生まれたてで何も身につけていない 色もついていない あなたの姿が見える?

その人が あなたを支えるもう一人かもしれない

 

外に出ることは 外に期待していては始まらないのかも

って気付く満月

守りたい できるだけ優しく(何だか歌詞みたいだけども)

って思うなら 

まず あなたから わたしから

大丈夫だったよ~!!って大きく手を振れば その時やっと他者と目が合う

 

殻を脱ぎ捨てた者同士が正直で率直で嘘のないコミュニケーションをとり始める

嘘や欺瞞が満ちる世界の中で生き残る

そんなプレッシャーに潰されるわけにはいかないほど 好きなものはありますか?

潰されても立ち上がる 何度も立ち上がるために

あなたとあなたの結束を強める

わたしはだいじょうぶよ

そう言える強さを

 

  

f:id:white-wizard234:20170705111749p:plain

 

どこまで自分自身に正直にいられるか?

そんなテーマの満月

外の世界では状況は押し合い圧し合い

そんな様を見てゲンナリし過ぎていませんか?

 

冷静に考えてみたら自分にも直結してる話じゃん 

って思って考え込んでしまうような話題が盛りだくさんに渦巻いているような状況

でも それは今ここでどうにかこうにかなる話ではないから

長い時間の蓄積が生んだ亀裂や摩擦 喧嘩や主張

自分の力は足りない 足元にも及ばない なんて小さい私なんだよ

そう感じられることがたくさんありそうです

 

それを跳ね除けてでも行くか?行かないのか?

そう問われている満月

 

プレッシャー 圧力

どこまで耐えられるかな?そう言われてるような満月

あんたたちどっちの道を選んでゆくの?

って大きな課題ももたらされるでしょう

これは 時代のウネリ

大事な時期です

でも まずは あなたの殻をここで脱ぎ捨てよう

「人はその人らしく生きる権利があるのよ」

とこの間お話をしている時に突然年上の女性から言われて私は

「そう、これだ!」

ってピンときました

こんな集団意識だったら素敵だと思いました

好きなように 私らしく・・・

これはいつもいつも気になること

私はその方が言葉にして放った瞬間に この方はもう完璧に

わたしらしく生きてゆくことを自分に認めているんだ って思いました

 

自分を許すことは自分しかできないですね

誰かに「それでいいんだよ」って言ってもらっても 自身が許せていないのならば・・・

釈然としないことばかりかもしれないけれど

今こそ わたしを大切にしてゆこう

 

女性が先陣をきって全てをあからさまに表明してゆくことがあるかもしれません

それが未来にどんなふうに影響するのか?

ここではまだ未知です

ももし彼女の表情がその瞬間 満ち足りたものならば?

それでいいと私は思います

未来を当てるのが占いなのかもしれないけれど

満月や新月の読みかもしれないけれど

でも それ以上に 枠を飛び越えてゆける力を皆がもっているはずです

 

変化は絶え間なく続くけれども

ここは 裸一貫出直します!って宣言してゆきましょう

今までの私を信じて

世界を恨むことなく

     

 

   ☆星たちからの小さな声のメッセージ☆

(主要なアスペクト以外から聴こえるメッセージをお伝えします)

f:id:white-wizard234:20170607100413p:plain

 

美しいものを美しいと表現して良いのだよ

というメッセージもあります

今見てる目の前の世界だけが全てじゃないよ

どんと構えて あなたが表現者ならば揺るぎない意識をもって

 

長い間孤独を抱えている部分の噴出

孤独が極まって 外へ飛び出すきっかけ兆しを見つけに

窓のカーテンを開けるように

外は夜明け前の静かな光に満ちているのだから

 

支えてくれている友情に感謝を

離れていても目標にしてきた友人たちの顔を思い出して

恥ずかしいことはできないっていう清々しい初心を思い返せるはず

 

終わったと思っている企画をもう一度掘り起こす

次はあなたからお話をもちかけてみる

思い起こせば頼りすぎていたあの頃

楽しくなりたいならあなたから声をかけて

 

痛みのぶり返し

バランスを取りにくくなっている原因

原因不明の痛み 亀裂

うまくゆかない 出せない答え

もう抱えてゆこう 離せないこともある

それも責任のうち

抱えてでも この河を渡りきる

あちら側で再会しよう

 

全ての親愛なる友へ。

 

幸運を祈る。

 

星言葉紡ぎ屋店主  白い魔法使い

 

 

         

        <セッション&お手紙お届けのご案内>

         f:id:white-wizard234:20170225133518j:plain

        

 

docs.google.com

 

 

 

 

 

 

 

2017/6/24☆新月の星言葉紡ぎ☆

 

         ☆蟹座新月の星言葉紡ぎ☆

 

   

      f:id:white-wizard234:20170621160641p:plain 

 

 

 

 

何者にもなれないと思ってた 何者にかにならなければならないって思ってた

そこからの脱出でありそこからの旅立ちでもある新月

急ぐことはないとゆったり構えて

もしも自己犠牲のために時間を費やしていると感じているのならば・・

あなたはそれがしたいの?したくないの?

そう考えてみてはどうだろう

したくないことは永遠のように永い

したいことならば流れはどんどん激しくなり深くなる

 

結果 どちらが楽ってことはないの

楽な道なんてあるのかな?

ないとしたら あなたならどうする?

気力が湧いてきたら 是非歩き始めてほしい

楽な道なんてないんだよ ただ進むべき道か否か それを選択し続けているだけ

そんな時はね 気力が出てくる

 

自分自身を守るために 大切な環境を守るために

 

だから人一倍 どれが本当に必要なことなのか?

を知っておく必要がある

そのために情熱の炎は燃える

太陽の季節が到来する

私の献身は私自身のため そして環境のため

これだったら続けられる

 

夏の季節が過ぎ去った後 

何者かにならなけらばならない必要性について もう一度考えてみて

きっと あなたは夏の扉を開けて進んでいたってことに その時気づくから

 

 

 

       モザイク, ガラス, ガラス モザイク, カラフル, 色, アート

        

 もしも今何か停滞してると感じるなら

もしかしてそれって現在位置を確かめるための停滞かもしれない

今の気分をじっくり味わってみて

辛い 心地よい 満足 不満足 痛い 

そのまま受け入れることはシンドイ作業だけれど 見つめて見つめてゆけば

もうこれ以上発展は望めない(善い意味で!)

夏至を過ぎ 今物事のピークに達しているんじゃないかな?と私は思います

だからこそ この新月に想いを馳せるということ

善くても悪くても

そしていつの間にか もしかして これって私の手から余ることだな

そう気づいたくつかのことは もしかしたら必要ないのかもしれない

 

大きく開け放した窓から幸運の鳥が迷い込んできてくれるわけではないけれど

わたしたちはこの先へやはり進んでゆく

停滞=悪いこと としてしまえば

守る=悪いこと って過剰に考えてしまうかもしれない

守るって一体何を守っているのでしょう?

一番ささやかなことから考えてみよう

足元を深く深く掘ってゆくと ささやかの意味に気づける

 

何者かにならねば って何者かになりたいから変遷した考え

何になりたかったの?とものすごくシンプルな答えを真夏の太陽は準備しています

これはいつでもいつの夏でも同じ

自分の意図することを思い返すための太陽

信じるならばそんな太陽を信じて歩きはじめたい

 

まだまだ定まらないのはあたりまえ

って最近わたしはよく思います

定まっていることの楽さも味わったけれども 結果体がガタガタと嫌がるような気分を味わいました

これは私の経験なので皆さんがどう感じられるかは個人で違うでしょう

 

抜け出してゆく前にどんな感覚があるのか?どうか一度足を止めて

そんな静止した時に何を想うのか?

意識はどんどん拡大してゆくような新月 

そして何一つ決められない 決まらないかもしれない新月

それでも足元を見つめて はじまりの一歩を確認して

 

あっ、そうそう

もしも威圧的な態度や理解できない怒りをぶつけられたら

何か楽しげな歌をうたってみたり

童謡や童話の世界に浸ってみたりするのも良いかも

自分を育んでくれたものに敬意を示し また譲り受けたものを未来へ善きかたちで残してゆけるはず

 

 

 全ての親愛なる友へ 幸運を祈る!

 

星言葉紡ぎ屋店主  白い魔法使い

 

 

         <セッションとお手紙お届けのご案内>

 

          f:id:white-wizard234:20170208234349j:plain

 

       docs.google.com