☆白い魔法使い☆の星言葉紡ぎ

星を詠み言葉を紡ぐ<星言葉紡ぎ屋>新月・満月の星言葉紡ぎ。 店主 白い魔法使い 

2018.2.16 ☆水瓶座新月の星とルーンの言葉紡ぎ☆

 

            ☆ 水瓶座新月の星とルーンの言葉紡ぎ ☆

    

      香りスミレ, 紫, 花, バイオレット, ニオイスミレ, 3 月のバイオレット

 

いかがお過ごしですか?

先月の1月31日の月食の日から二週間あまり寒さが厳しかったですね。

季節は少しずつ春に向かってゆきます。体調もゆっくりと調整してゆきたい時期ですね。

 

水瓶座新月。今回はルーンからみてゆきたいと思います。3つのキーワードをご紹介したいと思います。

 

        ~~~新月のルーン言葉紡ぎ~~~

 

☆交わりのルーン ・予言のルーン・到着のルーン☆

 

☆交わりのルーン・・「人間」をあらわすルーンです。

 

自分を見つめている人間。もう一人のあなた。 

しっかりと自分自身と向き合う時間をもつことで「私」という曖昧なものがやがてはっきりとした輪郭をもつようになるような、そんな雰囲気です。

人間関係・相互扶助、という意味も持つこのルーンですが

この時期の「人間関係」や「助け合い」に一番必要なことは「まずは自分」「自分を探そう」「自主独立していよう」ということなのだと思います。

「あなたらしく」「わたしらしく」「自分自身」って一体何?

ということを考える時間がおとずれているのではないでしょうか?

人を励まそうとする時や慰めようとする時「あなたらしく!」「わたしらしく!」・・

言ってしまいがちです。

でもその本当の意味って?と、この新月では何かヒントになることが隠されている、とルーンは伝えてくれているようです。

信頼できる仲間を得る、ということもありそうです。

 

☆予言のルーン・・身動きができない状態・しがらみ・忍耐・束縛

 

自分ではどうしようもない外部の環境の影響で身動きが取れない状態や「動けない」と思い込んでいる状態などを示します。固定観念

調子が出ないとき「もうこのままでいいや。」と思うことってあります。「本当に動けないし、動き始める気力なんてないし。」と。

そんな時は思う存分「動かない」というのも良いと私は思います。飽きるほど動かない。

このルーンの場合は「何かいいわけをしている」雰囲気もあります。

「だって、でも」

そういった雰囲気でしたら逆に「動き出せる」時期にさしかかっているのかも。

原因を外側に作っているのであれば少しだけ動いて確かめてみても良いのだと思います。

 

誰かのせいにしているのはもしかしたら誰かに頼りたい、という気持ちのあらわれであるかもしれません。忍耐の時期、耐える時間を過ごしている人も多いのではないか?とこのルーンが出て思いました。

「どうしようもない」「出口がない」

そんな時はあなたが今その場所にいて「得たこと」それを誰に公表しなくても良いのでアウトプットしてみましょう。

今その場で得たこと、です。

それがきっと「経験」であり「智恵」に繋がる何かだと思うのです。

 

今は何の役に立ちそうにもないことがいつか実のある経験や共感に繋がることもあるかもしれないので希望を捨てないでいましょうね。

 

困難な経験を生き抜いて得られた経験を智恵に変えてゆこうとする力、その力があなたを「一人の人間としてこの世にもう一度生み出す」ようなそんな新月にもなりそうです。

 

 

☆到着のルーン・・豊穣・満足のゆく結果・ゴールに到着・完了

 

このルーンは昨年末によく出ていました。印象深いこともいくつかありました。「来年(2018年)のメインテーマになってくるかもしれないな。」とその頃感じていたのでメモしてありました。

 

「まずはあなたが満たされましょう」

「まずは自主独立」

「そこからの助け合い」

 

というメモ。

 

この水瓶座新月にはぴったりだなと感じています。そしてここから始まるさらなる変化の時間を乗りこなしてゆくためにも必要なキーワードだと。

 

まずは自分が満たされた後育まれてゆく想いというのもこのルーンは示してくれています。

それは「知識の交換」「新たな場所への参加、参入 それによってもたらされる芸術や文化の変化」「未知なる土地、人々、考えを受け入れてゆくこと」

これらはとてもこの新月にぴったりなキーワードだと私は思います。

 

以上が水瓶座新月のキーワードです。

 

   f:id:white-wizard234:20180214091429p:plain

 

        ~~~新月の星言葉紡ぎ~~~

 

 長い間「私はこういう人間」と当たり前に考えてきたこと

社会とは「こういうものである」と定義してきたこと

それが裏返るような新月というイメージです

 

ですがこれはこの新月で裏返るというわけではなく 

「もうそれは分かっていたよ」と受け入れてゆくような流れでの変化だと思います

突然の変化といわけではなく獅子座月食(1/31)あたりからジックリとそして静かに温めてきたこと続けてきたことがヒントになっているような気がします

それ以前からという方も勿論おられると思います

「ずっと変えたかったこと」「ずっと違和感があったこと」「もう少しでフィットする感覚があったこと」

それらがヒントです

 

水瓶座の太陽が最終度数に近づくにつれて「秘密」や「育む、見守る」というルーンが多く出たことも印象的でした。そして「停止」や「佇む」といったキーワードも。

 

たぶん私たちは「一体何から抜け出してゆくのか?何を未来の時間に持ち越してゆきたいのか?」をジックリと考えていたのだと思います

 

この新月では「これから先の時間に貢献してゆくこと」や「変化した後のわたし」を感じ始めるタイミング

その前にはまず「裏返った状況を静かに見定める」ということが必要なのかもしれません

 

突然の変化ではないにしても まさか自分がこんな心境に至れるとは!と感動することだってあると思います

ゆっくり時間をかけて育む という肝を据えた願いや行動があったからこそのこの新月だと思います

そして「時間はいくらかけても良い 残してゆくものを見定めてゆきたい」ときっと自発的に何かを望むことができるようになる新月

誰に残すのか?という具体性よりも「残してゆく」という課題に取り組み始める私たちはきっと生きていることに謙虚にもなります 生きていることに満足できる

もっとじっくり時間をかけて良い

もっとじっくりとどのような人に知ってもらいたいのか考える自由を与えられる

それは時に精神的な分野での繋がりを得るためのワークともなりえるでしょうし 実際に「仲間」と呼べる人たちとの繋がりを得ることにもなるでしょう

 

見定めて  着地してゆく

 

そんな風にこの新月を過ごせたら・・

 

生きることに謙虚になるということは「今目の前で起きていることに参加してゆくこと」だと私は思います

できるだけの誠意とできるだけの広い心で

全部が全部は無理だとしても体も心も飛び込んでしまえば苦手意識で遠ざけていたものの中にあなたにすごく向いていることを発見できることもあるはずです

それは経験しないと得られないことです

ですからできるだけ参加しましょう今のこの時間に

体ごと飛び込んでみないと知りえない俯瞰する目や理性というものもきっとあるはずです

発見する喜びの感情が満たされた時に一人で立つということが可能になってゆく それを後押ししてくれる新月でもあります

 

最初は「本当にこんなこと私に可能だろうか?何か怖いし。飛び出してゆくのは面倒だし。」そう感じるかもしれません

でもここでは迷いを一度断ち切りましょう

気付いたら飛び込んでいた!なんていう場合もありそうです

 

ゆっくりと時間をかけて育んでゆく 持ち越してゆく 届けに行く

そんな願いがあなたをサポートしています

ここは一つ勇気を出して新たなシーンを見にゆきましょう

 

 

           f:id:white-wizard234:20180214100210p:plain 

 

現実はきっと今まで以上に変動変革の時を加速させてゆくでしょう

わたしたちが変化してゆくように社会も変化してゆきます

わたしたちは一人でもありますが社会の中の一人でもあります

大きなものと小さなもの

その両方を行ったり来たりしながら生活しています

どちらかが面倒であっても切り離すことは難しいです

様々なパーツに属しながら私たちは生きています

 

生きながら生活を続けながら属しながらも「独立していること」「個人である私を生きること」このことについて取り組んできた水瓶座の太陽

この新月水瓶座27度で起こりますが、この先28度では「地上の繋がりから離れ」29度では「魂のような自由で生まれ出たばかりの存在」となり30度では「霊的な場所」へとたどり着きます。

 

きっとこの新月では「どんどん何かを手放してゆくこと」が普段よりもスムーズに出来るでしょうし「新しく生まれ変わるような出来事や心境」に対してもオープンでいられるのだと思います

 

遠くの時間のことに想いを馳せ いつか役立つかもしれないあなたの経験を刻み

その後には

やり切った満足感を胸に新たな扉を開いてゆきます

 

 

この新月の後 太陽は2/19(雨水)に魚座に入室します

雨水の頃は 農耕の準備をし始める時期

あなたが育んできた種をポケットに忍ばせて冷たい土を耕し始める

そして春の風を感じ始める 

 

その頃までにきっと私たちは静かに佇みながらも変化の流れを受け入れ 乗りこなし

一人で立ちながらも仲間を得ていることでしょう

 

なかなか忙しそうですがとっても楽しそうな展開です

この楽しさ何かに似ている?

卒業式のシンとした雰囲気と入学式の予測不可能な未来へのドキドキに私は似ているかな?と感じています

皆さんはどんな新月を迎えられるのでしょうか?

あっそうだ この新月 旧暦のお正月 旧正月でもありますね

私が住んでいる沖縄では盛大にお祝いをします

特に海人たちの大漁旗は美しいです

 

新たな季節 新たな年 を迎え入れる準備をいたしましょう!

 

全ての親愛なる友へ 

good luck☆

 

星言葉紡ぎ屋店主  白い魔法使い

 

            

             ☆鑑定のご案内☆

            

          f:id:white-wizard234:20170628085625j:plain

 

docs.google.com











           

      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.1.31 ☆獅子座満月の星とルーンの言葉紡ぎ☆

 

         ☆獅子座満月の星とルーンの言葉紡ぎ☆ 

 

    f:id:white-wizard234:20180127152623p:plain

  

1月、二度目の満月ですね。そして月食です。

この1月、二度目の「なるほど。」と腑に落ちることや「やっぱりこれが大事だわ。」ということに気付かれる方も多いのではないかと思います。

一度目は1/2お正月の真っ最中に。そして二度目がこの満月です。

 

前回の新月(1/17)は「成し遂げられる最高のことは何か?」ということを考えると共に一度足を止めて「何をしている時が一番楽しくて気分が良くて落ち着くのか?」という心の底の支え、一生を通じてあなたが好む状況を追体験してみよう、というテーマがありました。

なかなか足を止められない場合には半ば強引にストップがかかり「ああ!あの頃のあの状況に早く復帰したい、復活したい。」と想い願うような二週間を過ごされた方もおられるかもしれません。

成しえる最高のこと・・それって今になってみて思うのですがもしかしたら「普段何気なくしていること」だったりするかもしれませんね。それを勢い余っている時は「いや、私はまだ全然出来ていない!」と思ってしまったり・・・。

 

本当は随分頑張っているのではないですか?

それも、よく分からない大義名分の為に。

何となく皆がそうしてるから・・そうしなきゃいけない気がするから・・

何となくの為に頑張り続けていることが多すぎる、ということにハッとさせられた日々だったような気がします。

勿論、志を高く持つことは大事なこと。

だけれども、それが一体何のための志なのか?ということをここらでちょっと確認してみると良いかもしれない、そんな気がする今回の満月。

 

          

          f:id:white-wizard234:20180127144615p:plain

 

さて、今回の満月。

<楽しみなこと 大事なこと ゆっくり育てよ。より善く育て。>

という雰囲気です。

新しいことに着手するにしても、居場所をガラリと変えるにしても、方向転換するにしても根本に<長い時間をかけて育んでゆく>というご自身を育ててゆく根気があるかどうか?というところがポイントになるかと思います。

ここには誰かと共に育ってゆく、仲間や同士と共に育ってゆく、というような雰囲気も感じられます。

それがお互いの意思疎通がないにしても、より高くモチベーションを保ち続けるために「私もここで頑張ろう。ここからまたもう一度時間をかけてやり通すんだ。」とご自身が納得できればそれでオッケーなのだと思います。

 

声高に「私は~になるのだ。」と宣言しなくとも心の内でとても崇高な誓いを立てられるような納得感が得られれば。

 

納得感を得て進む先では、私ってこんなに理念を曲げない人間だったかな?と驚くほど我が道を行くことに素直になっていることに気付いてゆくのではないか?と思います。

どうしてそんなにも我が道を突き進めるのか?とこの先思うことがあるとしたらそれはきっとこの満月に誓ったことが基盤となっているはずです。

 

「私は私のこの場所で、あの子はあの子の場所でやってゆこうぜ。」と。

 

それは冷酷だから寄せ付けない願いや誓いではなく「その方がお互いを変革してゆくのに全くぴったりな感覚だから」だと私は思います。

 

我が道を突き進むには社会性も必要です。それを山羊座の時期に学びました。

絶対に間違えてはいけない道があるのだ、外れてはいけない道というものがあるのだ、と。

今私たちが求めている我が道、My Wayって一体どのようなものでしょう?

あなたはどんなMy Wayを選んでゆくのでしょう?

その選択に今ドキドキしていたい満月です。

 

私は何を選ぶだろう?あの子は何を選ぶだろう?

何を閃き 何を思いついて 何を選び取るのだろう

それぞれ違う場所で違う選択を 

目立ちすぎるくらいの斬新なアイデア

皆が皆にドキドキしていられるような そんな選択をしてゆきたい

 

閃いたこと思いついたことはきっと長らく心の底では

「そろそろ変えてゆかなくては」「そろそろ動かさなくては」と気付いてきたことなのだと思います

今思いついたことではないはずです

何度も「今じゃないかも」と取りやめてきたことの可能性もあります

ですから「本当はずっとそうしたかったこと」だとも言えます

忘れてるほど長期にわたって封印してきた という場合もあるでしょう

きっととても大事なことなので慎重になっていたのかもしれません

 

とても大事なことを閃いたんだ 思い出したんだ 掘り起こしたんだ

 

以前なら動かせなかったことが今なら動かせる 

ドキドキしながら生きること楽しむことに責任をもつこともきっとできる

そしてそれだけ大事にしてきたものだから

<ゆっくり育てよ。より善く育て。>

そんな強さや忍耐力も持ち合わせているはずなのです

    

      

           f:id:white-wizard234:20171202142345p:plain

 

それでは最後にルーンでみてゆきましょう

 

~始まりのルーン・beorc-雄弁のルーン・ansur -喜びのルーン・wynn~

 

一つ目は<始まりのルーン・beorc>

母性や成長を見守ることを意味するbeorc

物事がすくすくと成長してゆく様もあらわしています

もし今ご自身が一番大事にしてゆきたいと考えていることに対してどっぷりと浸かってしまわないで夢に溺れているような感覚よりも少しクールな頭で

「ここからさあどんな風にこの物事は成長してゆくのだろうか?進化させてゆくためにはどうすることが最善だろうか?」と考えられているならばオッケーです。

逆に「誰かどうにかして。」と甘えているのならば、beorcは「自主独立しなさい。」と促すでしょう。

まずは自分の足で立つことです。とても大変なことですがそうしなければ成長はありません。あなたが一つ大人になってゆくために今は目の前のことに我を忘れて取り組む時期でしょう。その中からきっと「一人でもやってみよう」という成長の段階があらわれてくるはずです。

始まりは皆ぎこちないものです。最初からうまくはゆかないかもしれません。

経験してゆくこと を促すルーン。

 

二つ目は<雄弁のルーン・ansur>

言葉のコミュニケーション、情報、知性、知恵をあらわしています。

良い情報を探したい時、または、言葉による意思疎通が上手く進んで欲しいときに活躍してくれます。

様々な情報がこの満月を境に自由に選び取れるようになるかもしれません。アイデア不足を感じているならば面白い情報がインターネットから得られそうです。

言葉に注意深く耳を傾け、創造的に使うように呼びかけるルーンです。

あなたの心の声と外に向けて発する言葉に嘘がないように気をつけましょう。

誠意をもって話をする ということがもしかしたら今必要なことなのかもしれません。それは速やかに対話を成立させるということよりも、「心の声に従って相手と向き合っているか?」ということを一回一回確かめながらコミットするということにもなりそうです。

 

三つ目は<喜びのルーン・wynn>

心が満たされる嬉しい出来事。自己満足、自己充実。

人からの評価、結果、というよりもここでは「自分のベストが尽くせたかどうか?」が鍵になります。まずは自分です。

今すぐに何かが結実しなくても良いのです。種がいきなり実になるわけはないのです。

種の存在にこの満月で気付けたならそれで十分です ということかなと私は思います。

 

 

伸びゆくこと 育むことにはどうやら他者との交わりも欠かせないようです。

少しずつ寒さが緩んできたら外へ出てみましょう。

見ること見られること 今まではプレッシャーだとばかり思っていたことが今では「楽しい、快感!」に変化していることに気付くかもしれません。

どんなに辛い時でも外の世界はどんどん変化してゆきます。

「私なんて・・」と思っていても外の世界は変化してゆきます。それは時に残酷な気がします。でもどうでしょう?私と共に外の世界まで本当に止まってしまったら・・

きっと面白くないです。

私は今少し動きが鈍くなってしまっているけれど外の世界よどんどん巡ってくれよ!

私ならそんなふうに考えます

元気が出たら窓の外を眺めましょう 

私のことなんかお構いなしに巡ってゆく圧倒的な生命力にドキドキするはずです

一人はちっぽけです 当たり前です

何も出来なくても上等です

どんどん巡れ 私のことなんかお構いなしにどんどん巡れ

ちっぽけなことをクスッと笑い飛ばしてしまうような力がみなぎってきますように

お構いなしのようでも目には見えなくても交わってゆく外の世界や他者

今の時期のありかたはそんな風に厳しいけれども本当に支えあうとは?ということも教えてくれるような気がします

ただ甘いだけじゃない 繋がり

 

冬の寒い時期大地が凍てつくこの時期に「何もないな」と心寒くなってしまっていたとしてももしかしたら「あっ、新しい種が掌の中にある」と気付けたらそれは小さくても喜びに変わってゆくのではないでしょうか?

これから先の春を楽しみに待つという時間が始まるのですから。

育み 繋がり 喜び

good luck☆

 

全ての親愛なる友へ。

 

星言葉紡ぎ屋店主   白い魔法使い

 

 

         <個人鑑定のご案内>

 

1月中は鑑定をお休みいたしまして大変ご迷惑をおかけいたしました。体調が戻りましたので鑑定を再開させていただきます。鑑定メニューのリニューアルと料金の変更をいたしました。ご一読ください。

今後とも星言葉紡ぎ屋をどうぞよろしくお願い申し上げます。

白い魔法使い

 

 

docs.google.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 



     

  

 

 

2018.1.17 ☆山羊座新月の星言葉紡ぎ☆

 

         ☆山羊座新月の星言葉紡ぎ☆

 

      背景, 水彩画, デザイン, ペイント, テクスチャ, 水, 色, カラフルです

 

 

皆様いかがお過ごしですか?

2018年初めてのブログ更新となりました。今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

さて、この新月図まるで

「早く君の目的をきっちりと決めて、そこへ向かって勇敢に飛び込んでゆけ!」

と言っているかのようです。

 

新年にふさわしく、新月にふさわしく、というかんじですね。

 

生涯で成しえることの最高の目標を掲げよう、と促している新月と言えるかと思います。

 

生涯で成しえること・・あなたならどんなことを願い想像し、さらに具体的に歩みを進めてゆこうとされるでしょうか?

「できたら良いな。」ではなく山羊座が求めるものは「結果として出せること」を前提にした願望。

ですから考えようによってはシビアです。

結果が残せないような夢ならば・・ということだってあるかもしれません。

そして、そのような気持ちを抱かれる方も多いかもしれません。

圧迫感で萎縮してしまう可能性だって十分にあるということをまずは知っておくことが大事だと思います。

 

 

もし今そのような窮屈なお気持ちでおられる方は、ほんの少しだけ「目標を掲げる」ということから目を逸らしても良いのではないか?と私は考えます。

目標があってそこへ邁進することは気力も体力も十分な時でないと空回りしてしまいます。それでも突き進むならばもしかしたら大幅なリセット、考え方の見直しを促されるような出来事と遭遇する可能性も考えられます。

 

リセットそれ自体は素晴らしい方向転換のきっかけとなる、というのがこの新月の実は一番深い愛情(手厳しいこともあるかもしれませんが!)であり滋養であるのではないでしょうか?

 

一度手を止めて、歩みを止めてみること。

その後に残された「真新しい希望」はきっと春分(3/21)の頃の種まきに備えてきっと目には見えないけれどもスクスクとあなたの中で成長してゆく萌芽となります。

その大切な種を静かに抱いて、ゆっくりとしたあなただけの独自の時間を過ごすということ、それも悪くないというふうに覚えておいていただけたら気持ちが随分違ってくると思うのです。

 

 

新月はきっと多くの方にとって

「さあ!進み出すぞ!」と誓うような日となるかと思います。

周りの勢いに圧倒されてしまうこともあるかもしれません。

私が生涯で成しえる最高のこと・・それが叶ってゆくそのスタートですから。

 

この生涯で成しえる・・ということを考えるにあたって2018年に入って最初の蟹座満月(1/2)を少しだけおさらいしてみると分かりやすいかと思います。

蟹座満月のブログはお休みをいただきましたので、要点だけ簡単にまとめてみます。

 

蟹座満月では、皆さんはきっと

「もう一度トライしてみること」

「もう一度花咲かせたいこと」

というように過去に諦めたことや、忘れ去っていた記憶がムズムズと浮かび上がってくるような体験をされた方も多いかもしれないな、と思います。

実際に再訪したり再会したりというようなこともあったかもしれません。

 

「心の底から好きだわ」

 

と思えるようなこと。同化することが心地よくかんじること。

「何か違う」ことよりも「ぴったり」だと思えること。

を捜し歩いたような雰囲気でした。

 

個人的にはこの頃のテーマを

「Unfit」から「Fit」する時間へ

と定めていました。

 

皆さんはお正月をどんなご気分で過ごされましたか?

素敵な場所や人々にめぐり合えましたか?

 

その中にはきっとこの新月に結びつくご縁のあることも多く含まれていると思いますので記憶をよくよく掘り返してみて下さいね。

 

この新月は実に「現実的、合理的」です。

そして「強さ」も要求されます。

 

一足飛びにこの新月に乗っかって

生涯で成しえること・・という目標を設定することは少し大変かもしれないのです。

 

1/2頃、何をしてたかな?何をしてたら気分良くすごせたかな?

それを思い返してみることがあなたを救い出し、お守りになり、架け橋となってくれるような気がしてなりません。

 

この現実的で強くたくましい新月の前に設定されていた満月はきっと柔らかな状態で無理なく「本来の願望をさらけ出させてくれる」そんな不思議な力があったのではないか?と今思い返しているところです。

 

 

  

  チベットの祈りのフラグ, フラグ, 色, 山, カラフル, 風, ダイナミクス

 

水は高いところから低いところへ流れてゆきます。

その水をたっぷりと蓄えて、育み、生み出す場所は山。

 

私たちは今、その恵みをたっぷりと蓄えた山の頂にある「私の神殿」のような場所を目指してゆきたいのだと思います。

 

大地を潤す水。

生命を生かし続ける水。

畏怖を感じつつ、その山のてっぺんにある神殿であなたは何を願うでしょうか?

 

現実的な出来事はシビアな要求が増えてくるでしょうし、責任を伴った見直しや改革も進められるでしょう。

それがはもしかしたら私たち個人ではどうしようもないような大きなうねりとなっておしよせてくる可能性だってあります。

受け入れざるをえない改革。

そんな時、フッと自分の神殿について思い巡らせてみること。

先行きの分からない時間の中でもそのような自由を諦めないこと。

シビアさの裏に隠された「あなた自身を強化してゆく願い」ということをもう一度想いかえしてみましょうね。

 

現実に対して強くあることは容易ではありませんが、あなたがあなたの足で強く立っていられる場所を選ぶこと、それは誰にも奪うことができないはずですから。

 

 

具体的なアイデアやこの先を共にしてゆく心強いメンバーと個人的に出会える

という豊かさをこの新月では是非キャッチしてみましょう。

 

一人ではできないことも多くの友と志を誓い合えればきっと私たちは益々飛躍してゆくことができるのだと思います。

これは2018年を通じていえることだと思います。

 

支えあうこと を忘れてはいけない

ということを今年は私もしっかりと心に刻み込んでゆくつもりです。

 

それでは最後にこの新月をルーンで見てゆきたいと思います。

 

    

     ルーン文字, 占い, オカルト, 記章, 古代

 

 

☆mannaz(マンナズ)-algiz(アルジズ)-ansuz(アンスズ)

(交わりのルーン・防御のルーン・雄弁のルーン)

 

という結果でした。

 

交わりのルーン。

家族、友人、故郷を通じて信頼できる仲間を持つ権利があなたにはあるのだよ、ということを教えてくれています。

信頼する ということを忘れないように。

山羊座は現実を動かしてゆく力を持っています。

底が抜けても蜘蛛の糸のように何重にも描かれているセイフティーネットがあるという社会を目指してゆくということを象徴しているかのようにも思えます。

そのような仕組みは私たちが少しだけ成長し強くなればもしかしたら本当に現実可能なこととなるのかもしれません。

まずはあなたが信頼すること。

 

防御のルーン。

これは「あなたの静けさを守りなさい」という意味。

大事なことは静けさの中に隠されています。

焦らずにいましょうね。

 

雄弁のルーン。

言葉を司るルーンです。

きちんと描写し、綴り、声に出して「私はこういう者です。」と世界に対して呼びかけること。

あなたが発した言葉はきっと願いという曖昧さを突き抜けて現実へと呼び返してくれるはずです。

交渉事などがある方はまずはしっかりとした自己紹介を意識されると良いかと思います。

信頼を得ることができそうです。

 

 

印象に残るのは特に今まであまり登場してこなかった

交わりのルーンです。

 

「人生という旅において わたしたちは 決して一人ではない」

 

 

全ての親愛なる友へ。

 

幸いあれ。

 

星言葉紡ぎ屋店主  白い魔法使い

 

 

         <個人鑑定に関するご案内>

 

只今、星言葉紡ぎ屋は鑑定をお休みさせていただいております。

体調を万全に整えてから再始動する予定でおります。

ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 

2月より鑑定メニューもリニューアルいたします。

どうぞお楽しみに☆

 

お問い合わせなどございましたら

whitewizard234@gmail.com

まで。

 

白い魔法使い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.12.18  ☆射手座新月の星言葉紡ぎ☆

 

           ☆ 射手座新月の星言葉紡ぎ ☆

 

    f:id:white-wizard234:20171214111243p:plain

 

射手座新月の余韻が残る中12/20には土星山羊座へ入室します。

その後12/22太陽も山羊座へ入室し冬至を迎えます。

とにかく今はこの射手座新月についてのお話をしたいのですが、何かこう先のことが気になって仕方がない、という思いと、目の前のことをやらなくちゃ課題が山積みだわ!という日々を過ごしています。

 

この記事を書いているのは新月の4日前なのですが、既に「ソワソワ」とした気分が漂っているような気配です。

例えば今日の(12/14)の星言葉紡ぎのテーマは<変革、革命、自己との戦い>でした。

新月に向けて<強化する>とか<強固にする>というテーマが増えていったような気がします。

信念のような哲学のような。

あなたにだけ通じる言葉、あなたにだけ響く言葉、のようなイメージが膨らんでゆきました。

 

よくよく考えてみたら、この強化するという流れは前回の双子座満月からの流れでもあるのですね。

 

満月では外側に向けて強化してきたものを、今度は内側に向けて強化しはじめた、という印象が強かったです。

 

そして新月です。

 

強化し、結晶化された哲学、思想はどこへ向かうのでしょうか?

 

この新月のテーマは <生きたスタイルをアウトプットせよ>です。

 

心配することも、揺らぐことも、嘆くことも、とりあえず一度ここでリセットです。

今出来る最高の生き方を貫く、というふうにも言い換えられると思います。

今のあなたが最高である、という意味とともに

最高である状態を常にキープしてゆく、探求し続けてゆく、という意味があるのだと考えています。

何故ここまで熱く「今出来る最高」を求められているような雰囲気なのでしょうか?

 

それはきっと、生きているという感覚にビシビシと刺激を与える為なのではないか?

と私は考えました。

満月からの引き続きのテーマの一つでもある

「生きている感覚を大切に」「時間は生ものである」

ということも継続している流れではあるのですが。

 

この新月で求められるのは

<生の躍動感>

です。

 

迷ったり、戸惑ったりする、不安を呼び起こすような揺さぶられ方や体験の仕方ではなく、ただひたすらにゴールを目指して駆け抜ける時の躍動感を求められているような気がするのです。

 

土星が射手座に滞在していた二年半の総仕上げの新月です。

 

新月が明けて(余韻が残る中)2日後には土星は次のサイン山羊座へと移ります。

 

駆け抜けてゴールを切るような感覚、その時の躍動感や感動、今しか味わうことができない感覚、それをこの新月では大いに感じ受け取ることがあれば最高だと思います。

ですから

「夢が叶った」

「ゴールを切った」

「これこそ私だ」

というような誇りにつながるような出来事が起きることも十分考えられます。

 

長い時間、本当に本当によく走りました。

ラストスパートは少々キツかったですか?

「まだまだ私なんか・・」という言葉は無用です。

十分に頑張って一つのゴールを迎えたことがあるはずだと思います。

ゴールを切っていることにも気付かずに走り続けて行くのも良さそうな気はするのですがw・・・。

せっかくなので一度立ち止まってみましょうか?

 

走り続けていては分からないドキドキ感やヘトヘト感や満足感がこの新月には用意されているのですから。それこそが「生の躍動感」だと思うのです。

調整はその後でも十分できます。

「今しか感じることができない躍動感」

二年半前に始めたことの到達点。

そこでさらにドキドキ出来ているあなたがいる、ということが一番素晴らしいことだと私は思うのです。

 

 チェス, ブラック ホワイト, チェスの駒, キング, チェス盤, 黒, 白

 

 

この新月の太陽と月の位置の関係性は

チグハグなもの、まとまりのないもの、どうしたら良い形に収まるのか予想もつかなかったことをまとめあげる底力があるのではないか?と私は感じています。

どこに行っても馴染めなかった物事、上手く進めることが出来ずに諦めていたこと、今までは力不足だったこと、それらを一気に「やった!ゴールしてた!」というところまで引き上げてくれる、そんな力を秘めているような気がしてならないのです。

 

ですから

「私なんてまだまだ・・」という言葉は不要、なのです。

 

「まだまだ」という気持ちを引きずることで本当は善い意味でゴールに達しているはずなのに妙に粘ってしまって「諦め切れなかった・・」なんてネガティブな方向に走ってしまう可能性もあります。

 

ですから、ここで一度落ち着いて周りの景色をよく見渡してみましょう。

 

どこまで進みましたか?

当初思い描いていた夢に近づきましたか?

達成してきたこと、それにフォーカスしてみましょうね。

 

ふと立ち止まって最高の今に光りを当てることができたなら それは「勇気」や「誇り」になるでしょう

あなたがあなたを最高である と思えること自体が「勇気」でもありますし「誇り高い人間」とも言えるのではないでしょうか?

 

その勲章を胸に私たちは次なるフィールドへ向けて旗を掲げ移動してゆきます。

「私が私の先頭を切る」 という思いが湧いてきたら素晴らしい。

 

その心構えが未来のあなたをリードしてゆきます

 

  

        f:id:white-wizard234:20171214122439p:plain 

 躍動感 が教えてくれることはまだまだありそうです。

振り分けてゆく 洗練させてゆく 削り出してゆく 現実で使えるようにシェイプしてゆく作業を手伝ってくれる作用

 

ゴールを切って尚 「まだまだダメだ。」と下を向いている時間はありません

「何ひとつ形にならなかった」なんて言っている時間はありません

 

山羊座へ入室する土星

「まだまだじゃのう!」と言うこともあるかもしれません。

しかし こうも言います

「さあ その武器をどんな風に使うか?それはあなたが決めなさい。」

と。

 

楽しむこと 挑戦すること を射手座の太陽から私たちはひたすら学びました

この流れはきっと

苦悩を蓄積させてゆくだけではなく 世の中を洗練させてゆくアクションの源となってくれる と信じたいです

大人になる 成熟する 洗練させる 個人にとっても社会にとっても

そんな山羊座土星の時間も もう目の前です

 

この新月

チャレンジしてゆく時のドキドキ感もまだまだ残る中で

今一度 困難だと思えることの中に乗り越えてきたことに光をあてて思い返してみてください

思い返しているだけでドキドキしちゃうことがあるのなら それがやはりあなたが次に駆け出してゆくフィールドなのです

洗練させる必要があることなのかもしれません

次の2年半をかけて責任をもってやり抜くことの種は今冷たい地中で眠って力を蓄えています

その眠ってる種から「お~い!これが君の役目だよ~!」と伝えられているようなそんな新月です

 

過去と未来が交差する新月

あれもこれも大変かもしれない

あれもこれも何だこれは!かもしれない

それこそ楽しみの塊

そんなふうに思えたら最高。

         

    

    f:id:white-wizard234:20171215111321p:plain

   

2017年 最後のブログ更新となりました。

一年間お付き合いいただきまして本当にありがとうございました!

記事を書くことが私にとっては、デコボコな日常をスッと冷静に引き戻してくれる楽しみな時間となりました。

感謝しております。

冬の時間を楽しんでまいりましょう。

 

全ての親愛なる友へ。

幸いあれ。

 

星言葉紡ぎ屋店主   白い魔法使い

 

 

 

        <鑑定のご案内>

    

docs.google.com

 

2017.12.4☆双子座満月の乙女座さんへ☆

 

           ☆双子座満月の乙女座さんへ☆

 

     f:id:white-wizard234:20171201130350p:plain

 

 

さて もう変わって良いのですよ ということをずっと言われているような満月

あなたの心が向くほうへ

あなたの心が喜ぶほうへ

向っていって

そう願っている人たちがたくさんいます

 

見守っていてくれる存在

陰ながら応援してくれている人たち

とても控えめにあなたのことを見ているのであなたはもしかしたらその存在に気付いていないかもしれません

でも最近

「少しだけ勇気を出してみよう」

そう思える時が増えてきたならばそれは陰ながらエールを送り続けてきた人たちの声があなたに届いている証拠かも

 

その人たちに感謝しよう というわけではないのですが

そのような変化をもし感じたら 気付いているのなら

もっともっと心のままに生きてみてください

ちょっと言いにくいことも

迷惑かけるかも と思うことなんてもうないのです

 

人のことを喜ばせることに心を砕くのがあなたなのです

きっといつかの時間あなたは誰かのために心砕いたのでしょう

今度はあなたが受け取る番です

そんなふうに当たり前に心や気持ちのやり取りがスムーズになってゆきはじめる満月

 

あなたらしく

とはよく聞く言葉だけれど

勇気がいることでもあります

その勇気 この満月から受け取ってください

 

幸いあれ。

 

白い魔法使い

 

 

 

              ☆お知らせ☆

 

個人鑑定承っております。

詳しくはブログ内Link<星言葉紡ぎ屋へのいりぐち>からどうぞ。

お待ちしております☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.12.4 ☆双子座満月の牡羊座さんへ☆

 

          ☆ 2017.12.4 双子座満月の牡羊座さんへ ☆

 

          f:id:white-wizard234:20171202115102p:plain

 

  

突破してゆこうとしていること

変革させてゆこうとしていること

躊躇する力と押し留める力

抗うように頑張っているあなた

 

きっと「これだ、これなんだ」ということはもう分かっているのですね

 

その通りにゆかないことが多すぎて留まっている

「何で何で?」と自問自答した先に光が見えてくる そんな12月となりそうです

 

この満月

「たくさんのことを経験する」「受け入れる」「打開案が提示される」

そんな雰囲気なのです

 

それを受け入れるかどうか?

さらにあなたは迷います

 

迷うってことを足手まといな感覚 とか モヤモヤしていて気持ち悪い状態

というふうに捉えてしまいがちだった今まで

でもここからは

「決めたことは 期が熟すことを待つ必要もあるのだ」

「チャンスは熟した時に降ってくる それを待つのだ」

と 何だか戦略家のように格好良いあなたが出現します

 

来年その戦略は大いに役立つでしょう

 

こうするしかないのに何で皆グズグズしてるの!

なんて心が急いている状態かもしれません

現実 足が止まっているところに気付く時そうした焦りや空回りに目が向き始める時

あなたはきっと「こうしたらスルリと抜けられる道」に気付いています

それを現実化する時を待っています

 

満月

待っていること を楽しみに過ごしてみてください

未来を信じて待つこと

ジッと待つこと

気力を持ち返すこと

アウトプットして放出してしまうよりも

「その時を待つ」という姿勢で

 

新しいことをはじめる前に ひっそりとした場所で準備を整えているような時間です

あなたはただ止まっているわけではなく

止められているわけでもなく

様々な可能性の中にいます

慎重になること という重要なテーマをクリアしてゆこうとしています

 

あなたが望んでいる変革はいよいよ到来しようとしています

どんなふうにそれを待つか?

満月が頭上から見ています

 

楽しくてたまらない そんな表情が素敵なあなたを見守っています

 

幸いあれ。

 

白い魔法使い

 

 

           <ご案内>

 

個人鑑定承っております。

ブログ内のlink <星言葉紡ぎ屋へのいりぐち>からどうぞ。

お待ちしております。

 

 

 

 

 

2017.12.4 ☆双子座満月の牡牛座さんへ☆

 

         ☆双子座満月の牡牛座さんへ☆

 

         ゴールド, クリスマス, ダイヤモンド, キラキラ, 装飾, クリスマスの装飾

 

内面と向き合うような もう一人の自分と向き合うような時間が続いています

「もう少しで手が届きそうな何か」を追い求めています

静かに静かに じっくりと進む時間の中にいます

 

時々 「わたしったらすごく子供っぽいこと考えてた」

とか

「わたしったら現実的すぎるのかしら?」

なんて思いながら それでも時々キラッキラッと輝くアイデアを思いついているはずです

クスクス一人で笑いながら

「ああ あれも良いかもしれない これも 良いかもしれない」

なんて考えています

 

大好きな人たちに贈るクリスマスプレゼントを選んでいるときみたいに

ワクワクしながら そして 気を使いながら

「きっとあの方はこういうのが好みよね」

ということがとても良く分かりながらも

「でも ちょっとだけ驚かせてみたいな」

というようなお茶目なイメージも鮮明にもてます

その上

贈ってみたら

「あなたってやはりセンスが良いのよね。」

と想っていた以上に喜ばれて感謝されるようなアイデアを持っている満月

 

そのアイデアを大事にしましょう

「子供っぽすぎるから」とか「まだ形になっていないから」とか「一度失敗しちゃったから」という理由で投げ捨てないでください

そのアイデアは皆はまだ気付いていません

もし仮に気付いていたとしても

前述のような理由で諦めてしまいます

一人で創り上げ そして 皆とシェアした瞬間に大きな実りをもたらすアイデア

それを実践できるか できないか?

それをできる時でもありますし

それはあなたが最も得意とする分野のことです

 

ですからどうぞ自信をもって

誰かにプレゼントを手渡してみてください

 

驚きの瞬間はきっととても和やかなムードでしょう

あなた自身も和やかさの中で憩える 

そんな時間がこの満月からはじまります

 

幸いあれ。

 

白い魔法使い

 

 

             ☆ご案内☆

 

個人鑑定承っております。

詳しくは、ブログ内Link<星言葉紡ぎ屋へのいりぐち>からどうぞ。

お待ちしております。